カメラと酒、時々クルマ

NikonのD750とD5500を使って写真を撮って遊んでいます。へっぽこカメラマンです。

一眼レフとの出会い

私と一眼レフとの出会いは2016年の元旦である。

正月に実家に帰った際に父親が放った「お前、NikonのD5500買えよ」と言う一言である。その時の父親NikonのD7200にAF-S DX NIKKOR 18-300mm f/3.5-6.3G ED VRと言う、至って普通の組み合わせでカメラを楽しんでいた。

そんな父親が私にカメラを勧めてきた理由として「レンズ資産の共有」があった。

同じNikonであれば私が買ったレンズは父親も使えるし、父親が買ったレンズは私も使える。そんな目論見を持っていた。

一方の私はカメラと言えば、コンデジ東京モーターショー東京オートサロンで車やキャンギャルの写真を写真を撮るか、披露宴での撮影をする程度だった。普段の週末は朝まで酒を飲み、日中寝て、夜にまた飲みに出かけるという不健康な生活をしていた。

そんな私にカメラを買えとは何事だと思ったものである。

そんなこんなで正月も終わり、当時の住まいだった東京の家に戻った。

 

二週間後の1月16日。

D5500 18-55 VR II レンズキットを手にした私が居た。

 

 

何を言っているか分からないと思うが、私はカメラを買ったのだ。

ロクに撮るものもないはずなのに、カメラを買ってしまったのだ。

 

買うための言い訳として、

  • 2016年は友人の披露宴が二件あるし、ちょっと良いカメラで撮るか…。
  • 高いカメラを買えば、何かしら使うだろ!

これ以外の理由は本当になく、特に撮るものもなかった。

何より、使い方が分からない!

F値?シャッター速度?ISO感度?EV値?

Aモード?Sモード?Pモード?Mモード?

とハテナだらけだった。強いて言うならばオートで撮ることだけはしないでおこうと思っていた。

そんな中、高尾山で撮った写真がこちら。

f:id:watnainai:20170612231039j:plain

f:id:watnainai:20170612231136j:plain

ケーブルカーにピントすらきていないという酷い出来である。

そして、F値は5.6と6.3、ISOが400と900と何も考えて撮っていないことが分かる。

ここで上手く撮れなかったことが二か月放置する事へと繋がった。

写真撮影とか面白くない!

クローゼットの肥しとなった瞬間だった。 高級な肥しである。

 

そして月日は流れ、桜の時期になった。

続く。