カメラと酒、時々クルマ

NikonのD750とD500を使って写真を撮って遊んでいます。最近は自宅周辺(300km圏内)をウロウロしています。

【一眼レフ】佐倉市のひまわり畑で撮影してきた

こちらのインスタをたまたま見かけて知った、佐倉のひまわり畑。 

www.instagram.com

 

7/25に行ってきました。

9割くらい枯れてました…。

f:id:watnainai:20210728235619j:plain

 

個人的にひまわりって8月に咲く花だという認識があったんですけど、違うんですか?

品種に寄りますか。

そうですか。

こちらで咲いているひまわりの品種はビンセントというそうです。

随分と早咲きですね。

f:id:watnainai:20210729000654j:plain

 

見頃の時期だったら、風車とひまわりが良い感じにコラボしてくれる場所ですね。

f:id:watnainai:20210729001201j:plain

 

こちらはソフトフィルターを使用して、柔らかく撮影。

f:id:watnainai:20210729001321j:plain

 

こちらは望遠レンズで撮影。奥に写っている夫婦が良い味を出していると思います。

f:id:watnainai:20210729001656j:plain

 

キッチンカーで購入したまぜそばと冷やしスダチラーメンを食べながらの一枚。

ラーメンの写真?暑さで疲れて撮る気がなかった。

f:id:watnainai:20210729002005j:plain

ビヨンビヨンする奴はやってもらいたかった。そして、撮りたかった。

どうしても首を縦に振ってくれなかった。

 

佐野を走っている電車とは比べ物にならない長さですね。さすが都会は違います。

f:id:watnainai:20210729002228j:plain

 

猿回しも行われていました。猿の名前はあいちゃんです。

f:id:watnainai:20210729002339j:plain

 

サンキュー、カメラ目線!

f:id:watnainai:20210729002432j:plain

 

竹馬に乗って、障害物の乗り越えはお手の物。

f:id:watnainai:20210729002856j:plain

 

階段を飛び越える、あれ。

f:id:watnainai:20210729003246j:plain

 

そのまま逆立ちして階段を下りていきます。

f:id:watnainai:20210729003338j:plain

f:id:watnainai:20210729003340j:plain

 

仕事頑張ったし、美味しいもの食べられるか考えていたのであろうか。

f:id:watnainai:20210729002510j:plain

 

ひまわり見た後は木更津のアウトレットをプラプラと。

そのままアクアラインに乗って、晩飯。

この時、20:00頃。

海ほたるの回転寿司屋は20:30にLOで21:00閉店。賢くなった。

 

月が良い場所に来てくれました。

f:id:watnainai:20210729002738j:plain

 

手持ちで撮った割にはうまくいったかな。駐車場の強い光もそこまでゴースト発生させていません。

f:id:watnainai:20210729003803j:plain

 

海ほたるを出たのは22時を回っていました。

私は気が付きました。

首都高50%引きの時間だということに。ラッキー。

 

そういえば、千葉北ICを降りて、ひまわり畑に向かう途中のここには驚きました。

車幅2m以上は通れない場所です。車幅1.8mのXVは余裕です。

それでも擦った人は多いのでしょう。ガードレールが結構黒くなっていました(笑)

f:id:watnainai:20210729004616p:plain

 

あ~…

先月のD1GPのRd.4の投稿も出来ていないし、17-18日のSuperGTの投稿も出来ていない。

あと5日働いたら夏休みなので、そこで一気に片付けられたらいいな~(願望)

【一眼レフ】雨引観音, again!!

先日訪れた雨引観音ですが、思っていたのと違ったんです。

聞いていた情報ではこういうのが撮れると…

花の画像のようです

画像引用元:https://scontent-nrt1-1.xx.fbcdn.net/v/t1.6435-9/210547976_1126031691252784_6730882402650928199_n.jpg?_nc_cat=109&ccb=1-3&_nc_sid=a26aad&_nc_ohc=t_y2e0_OpO0AX83AYhH&_nc_ht=scontent-nrt1-1.xx&oh=661a77dd7750620bc9b85e270c0fff9f&oe=60E8D92A

 

アジサイが敷き詰められていた場所がなかった!

なので、そんな写真は撮っていない。

 

 

それで、さらに聞いたら、7/1からだっていうじゃないですか。

あじさい祭開催のお知らせ | 令和3年 | 雨引観音(雨引山楽法寺)

 

また、先日一人で行ったら、クレームが付きました。

なので、4日に再訪しました。

 

予定では11時出発、12時昼食、14時雨引観音

という完璧な予定が立っていた。

私は土曜日の夜に19時から26時半までダラダラとビールやらチューハイを2.85L程飲んでいた。

当日も二日酔いなく、9時40分に目覚めた。

時間まで余裕があると思った私は二度寝した。

起きたら10時50分だった。

まにあわねぇ…。

速攻で連絡した。

返事がなかった。

準備に忙しいのだろう。そう思って粛々と自分の準備を進めていた。

11時21分。返事が来た。

『陳謝』

 

結局、出発したのは12時40分だった。

予定通りであれば、昼食を取っていたころであろう。

結果、昼食にありつけたのは14時40分だった。

お昼はこちら。

〜店舗案内 岩瀬店〜 ピッツァ&パスタ【グラスデイ】

知人が近くに住んでいるので、お店の情報を聞いたら「美味しい」と言われたので、行ってみました。

14時を過ぎてもお客さん多かったです。

f:id:watnainai:20210705233038p:plain

ジェノベーゼのピザは美味しかったが、普通だった。

恐らく、この意見は変えない。

昔、東京は中野で働いていたことがあるが、そこでのランチでも同等のおいしさのピザは食べていた。

私の口は無駄に我が儘になってしまったかもしれない。

 

パスタは海老の濃厚クリームソース(麺はキタッラ)をチョイス。

美味かった!

写真はない!

 

そんなこんなで雨引観音到着。

と、思っていましたが、メッチャ混んでました。

駐車場に着くまでに結構時間かかりました。

想定外でした。

駐車場に車を停めてから、撮影の準備をします。

まずはレインウェアを着ます。

帽子をかぶります。

カメラにゴミ袋をかぶせて、養生テープでフード部を固定。

靴も履き替えた

準備は完璧。傘は持たない。むしろ、財布も持たない(車の中に置きっぱなしは危険なのでやめましょう。)スマホも持たなかったというか、忘れた。気づいたけど取りに戻るのが面倒だった。

車の鍵だけ持ってもらった。

f:id:watnainai:20210705234220p:plain

ベルボンのレインカバーなんかも持っているんですが、上手く装着できた試しがなかったので今回の使用は見送った。

びしょ濡れになる気満々だったので、下着以外の着替えは持っていきました。

フェイスタオル2枚にバスタオル1枚も持っていました。

全方位型の準備です。

雨天のレース撮影していた経験が役に立ちます。

 

今回の撮影は縦グリ付きのD750に80-400mmのレンズの組み合わせのみで撮影。

重量的には4kgくらいかな?

重たかった…。

 

小雨降る中、まず向かったのが亀が泳いでいる池のエリア。

ヒルやガチョウもいる場所です。

f:id:watnainai:20210705234756j:plain

雨で非常に滑りやすい地面。

私が見てた中では滑って転んだ人はいませんでしたが、誰かしら確実に転んでいるはず。

俺、自分はどうなっても構わない。滑って転んでもカメラだけは守るんだ…。

 

ハート型に見えなくもないアジサイを発見。

ピントは家出したまま、帰ってこなかった。

f:id:watnainai:20210705235252j:plain

 

ここまでは80-400mmの中望遠~望遠域のレンズでも普通に撮れる写真だった。

 

手水舎の撮影で心が折れた。

ワイ端で80mmは非常に撮りづらい。

f:id:watnainai:20210705235912j:plain

f:id:watnainai:20210705235929j:plain

f:id:watnainai:20210706000012j:plain

人を写さないように…とかゴチャゴチャ考えていたら、どうでもよくなってしまった(笑)

カメラ重たいし…。

 

それでも、アヒルとかクジャクを撮るには最高の焦点距離

完全に撮影したいものの方向性を決めつけていくスタイル。

f:id:watnainai:20210706000330j:plain

f:id:watnainai:20210706000326j:plain

f:id:watnainai:20210706000332j:plain

f:id:watnainai:20210706001149j:plain

 

アジサイの切り出した撮影は本当に楽。

f:id:watnainai:20210706001327j:plain

f:id:watnainai:20210706001330j:plain

 

ハス…だよね?だった気がする。

f:id:watnainai:20210706001532j:plain

 

たまにアヒルが立ち上がって羽をバサバサやる時があるんですが、そこの瞬間を撮りたかった。

f:id:watnainai:20210706001645j:plain

f:id:watnainai:20210706001732j:plain

f:id:watnainai:20210706001715j:plain

1/1000秒でも少し羽が流れてしまう。確実に止めるには1/2000か1/4000くらいが必要か?

 

こちらはミスショット。

直前までF値13で撮影していて、開放F値にしたつもりが29まで絞り込んでしまい、これは不味いとダイヤルを回したらF値40まで絞り込んでいた…。

シャッター速度は1/8秒で手持ち撮影だと、ブレます。

機材が重いので、そこでまずブレます(笑)

f:id:watnainai:20210706002056j:plain

f:id:watnainai:20210706002058j:plain

これはこれでアリなんじゃないだろうかと思い始めてきています。

 

他にはアジサイ祭りのメイン見所となる水中華。

f:id:watnainai:20210706002231j:plain

f:id:watnainai:20210706002233j:plain

望遠レンズだから、フレーム全体にアジサイを写すなんてことはお茶の子さいさい。

 

瓶詰されたアジサイ。プレッシャーに屈して撮影。

f:id:watnainai:20210706002443j:plain

 

あとはハート型に浮かべられているアジサイ

f:id:watnainai:20210706002654j:plain

カメラを頭上高く上げて、80mmの焦点距離で撮影してこの出来である。

個人的には頑張ったと思う。

50mmくらいの焦点距離で苦労することなくもっと良い角度で撮りたかった…。

 

撮影する角度を誤ると、ただの水に浮かんでいるアジサイにしか見えません。

撮影される方はご注意を。

f:id:watnainai:20210706002920j:plain

 

今回の再訪は雨天でしたが、思ったことをツラツラと。

・カメラの雨対策はしておいた方が良い。

・防滴仕様でも過信は禁物。

・撮影ガチるなら、傘は持たない方がフットワークに余裕が出る。

・その際は着替えを忘れないように。

・靴は二足あった方が良い。

・結構、泥まみれになる。

・車のマットを汚したくないなら猶更である。

・着替え持って行っても、タオルを忘れたら意味はない。

・ワークマンプラスのレインウェアが安く済みそう。

・服装がダサい?

・誰もそんなのは気にしてない。

・女性のロングスカートは気を付けた方が良い。

・特に白。

・裾が茶色くなって、雨引観音から次の場所に移動するときにテンションがダダ下がりすること間違いなし。

 

今回、撮れなかった写真もあるし、もう一回行ってこようかな。

【一眼レフ】(Rd.3 スピン編)2021 GRAN TURISMO D1 GRAND PRIX SERIES Rd.3を観戦してきた!

前回の単走編に続いて、今回は追走編にしようと思っていたのですが、思った以上に良い写真がなかったので、追走編を飛ばしてスピン編です。

何か思った以上に枚数がありました。

何ですかね。

走ってきた車両をファインダー越しに見て、シャッター切ってたら勝手に撮れちゃったって感じが多いです。

ピントが若干外れているのも数枚ありますが、そこはご愛敬で。

 

それでは、ご覧ください。

50枚!

 

まずは単走から。

#52 北岡 裕輔

f:id:watnainai:20210630224727j:plain

f:id:watnainai:20210630224726j:plain

f:id:watnainai:20210630224731j:plain

f:id:watnainai:20210630224733j:plain

綺麗に土が舞ってますね。

ヘアピンスタンドの左側のメディア撮影エリアは砂かぶり席でした。

 

#66 藤野 秀之

単走編でも載せていましたが、単走1本目のクルリン。

f:id:watnainai:20210630225130j:plain

f:id:watnainai:20210630225132j:plain

 

人間審査に変わった単走1本目。

D500に焦点距離400mmで撮影していたので、換算600mm相当。

良く、フレームアウトさせずに撮れたものだと、自分に感心している。

f:id:watnainai:20210630225922j:plain

f:id:watnainai:20210630225919j:plain

f:id:watnainai:20210630225924j:plain

 

単走2本目。

あ~、このライン取りはコースアウトする奴や…というか、後輪はみ出してる…

f:id:watnainai:20210630230129j:plain

f:id:watnainai:20210630230131j:plain

f:id:watnainai:20210630230133j:plain

 

#33 笹山 栄久

中々なサンドビッグウェーブが出来そうな雰囲気ですが・・・

f:id:watnainai:20210630230404j:plain

 

と、思ったら左フロント上がりすぎ!

f:id:watnainai:20210630230524j:plain

 

見ていたら車両の向きが想定外の方向を向いて…

f:id:watnainai:20210630230842j:plain

 

スポンジにドン。奥に写っているカメラマンも土をダイレクトに浴びないように避けてますね。

f:id:watnainai:20210630230951j:plain

 

#38 斎藤 久史

あ~、このライン取りもコースアウトや…

f:id:watnainai:20210630231947j:plain

 

ってことで、想定通り。

f:id:watnainai:20210630232034j:plain

f:id:watnainai:20210630232037j:plain
f:id:watnainai:20210630232041j:plain

 

#77 松山 北

これは珍しい、コーナー出口でのコースアウト。

f:id:watnainai:20210630232235j:plain

 

色々と巻き上げて走って…

f:id:watnainai:20210630232904j:plain

 

あれ?そのまま滑っていくと…?

f:id:watnainai:20210630233042j:plain

 

スポンジをドン!

f:id:watnainai:20210630233135j:plain

f:id:watnainai:20210630233139j:plain

f:id:watnainai:20210630233140j:plain

f:id:watnainai:20210630233143j:plain

 

#16 山口 孝二

またしても、このライン取りは…

f:id:watnainai:20210630233319j:plain

 

あ~あ…

f:id:watnainai:20210630233554j:plain

f:id:watnainai:20210630233556j:plain

f:id:watnainai:20210630233558j:plain

 

さて、ここで数少ない追走のまぁまぁ良く撮れた1枚です。

f:id:watnainai:20210630233720j:plain

 

閑話休題

 

#99 中村 直樹

追走の前後入れ替えで起こった1枚。

スモークで車両が殆ど見えてませんが、違和感がありますね?

f:id:watnainai:20210630234116j:plain

f:id:watnainai:20210630234118j:plain

右リアの一部が剥がれてる!

 

と、思いつつ、最後まで撮り続けていた時に、起こった。

突如、左端から現れる黒い物体X。

f:id:watnainai:20210630234241j:plain

 

そのまま転がり続ける物体X。

f:id:watnainai:20210630234422j:plain

f:id:watnainai:20210630234424j:plain

 

何のことはなく、ホイールから外れたタイヤです。

観客席の方に転がってこなくて良かった…。

最後はドローンが寄って、タイヤを撮影していました。

f:id:watnainai:20210630234654j:plain

 

#56 森 孝弘

ここまで読んできた方は見慣れたでしょう?

f:id:watnainai:20210630235905j:plain

f:id:watnainai:20210630235907j:plain

f:id:watnainai:20210630235910j:plain

 

#27 茂木 武士

f:id:watnainai:20210701000018j:plain

f:id:watnainai:20210701000021j:plain

f:id:watnainai:20210701000023j:plain

 

#51 岩井 照宜

こちらは見切れてしまっていますが、リアが落ちてますね。

f:id:watnainai:20210701000158j:plain

 

#7 松井 有紀夫

f:id:watnainai:20210701000253j:plain

f:id:watnainai:20210701000254j:plain

f:id:watnainai:20210701000257j:plain

 

流石に気が滅入ってしまうので、最後は#91 畑中 真吾

f:id:watnainai:20210701000410j:plain

 

単走走行時はヘッドライトが黄色でしたけど、追走時は赤色でした。

やはり、赤の方がカッコイイ。

 

次回、Rd.4の追走編の予定です。

まだ、SDカードからPCにデータコピーすら行っていませんが…。

【一眼レフ】(Rd.3 単走編)2021 GRAN TURISMO D1 GRAND PRIX SERIES Rd.3を観戦してきた!

昨年はコロナのせいで、この時期の開催が見送られたD1GP ツクバ戦ですが、今年は開催されました。

直前まで天気予報と睨めっこしていたら、日曜日の駐車券を買い逃したのも良い思い出。

土曜日、普段の出勤時よりも圧倒的に早い6時に起きる。

7時までウダウダする。

7時半出発!

9時前現着!

始めて下道で行ったけど、割と早い。

むしろ、移動時間がそんなに変わらない高速使うのが馬鹿らしくなってしまった…

 

さて、9時に着いたのは良いものの、やることがない。

撮影のための場所取りしたら本当にやることがなかった。

ので、ウロウロして、例のごとくおねーさんの撮影。

f:id:watnainai:20210628223725j:plain

f:id:watnainai:20210628223728j:plain

 

しかし、9時の時点で暑くやる気がでなかったので、他メーカーの写真は無し。

D750はリュックの中で良い感じの重りでした。24-70/2.8のレンズも重りでした。

体力がついたかもしれない。

この時の組み合わせはD500と24-120/4のレンズ。

35mm換算で36-180mmの焦点距離は中々使い勝手が良い。

 

10時から始まった単走。

1時間もしたら、DOSSシステムのトラブルで50分程の停滞。

グダグダ感が否めない。

鱗滝さんだったら「判断が遅い!」とビンタをしていたであろう。

というか、金曜日の練習走行では異常はなかったけど、観客が増えて様々な電波の影響でトラブルが発生したとか言っていた気がする。

LTEの電波、5Gの電波、wifiの電波、Bluetoothの電波。

そんなものに負けるクソシステムを作るなと言いたい。

 

さて、今回の単走に参加した車両を紹介していきましょう。

(敬称略)

#15 植尾 勝浩  VALINO VR15

f:id:watnainai:20210628225340j:plain

 

#51 岩井 照宜 Project μ ARMY TRIX H.D.O RW 7

f:id:watnainai:20210628225601j:plain

 

#52 北岡 裕輔 TEAM MORI パーツオフ LINGLONG MARKⅡ

f:id:watnainai:20210628225720j:plain

 

#6 内海 彰乃 浅井工業 SAILUN TIRE S15 SILVIA

f:id:watnainai:20210628230241j:plain

 

#7 松井 有紀夫 RE雨宮 K&N RX-7

f:id:watnainai:20210628230444j:plain

 

#90 川畑 真人 Team TOYO TIRES DRIFT GR Supra

f:id:watnainai:20210628230544j:plain

 

#43 田所 義文 USED PARTS TADOKORO TRUENO

f:id:watnainai:20210628231138j:plain

 

#66 藤野 秀之 Team TOYO TIRES DRIFT 86

※公式サイトのエントリーリストの車両が180SXのままだったので、その部分を勝手に86に変えました。むしろ、車両の記載ミスはRd.1の時からなので、公式の怠慢なのではないかと思います。

1本目:スピン。

f:id:watnainai:20210628231014j:plain

 

ここでDOSSシステムのトラブル。50分の遅延。

心を落ち着かせるために適当に撮影のはずが、割と良く撮れているのではないかと思う。

f:id:watnainai:20210628231300j:plain

 

結局、DOSSシステムは復旧せず、急遽人審査に変更。

ルールブックにも書かれているらしい。

#66 藤野 秀之 Team TOYO TIRES DRIFT 86

やり直し1本目:コースアウト。

f:id:watnainai:20210628231631j:plain

何か、無駄に盛れている気がする。

 

やり直し2本目:コースアウト。

f:id:watnainai:20210628231723j:plain

 

藤野選手が3本連続でミスを犯すというのは珍しい気がする。

 

#31 蕎麦切 広大  INFINITI Q60

f:id:watnainai:20210628234125j:plain

 

#56 森 孝弘 GP SPORTS 180SX

f:id:watnainai:20210628234212j:plain

 

#33 笹山 栄久 FRONTIER CHASER VALINO

f:id:watnainai:20210628234337j:plain

 

#27 茂木 武士 IOR-S15 SILVIA

f:id:watnainai:20210628234425j:plain

 

#9 末永 直登 LINGLONG Team ORANGE S15-2JZ

f:id:watnainai:20210628234523j:plain

 

#19 川井 謙太郎 AUTO-TEC JZX100

f:id:watnainai:20210628234612j:plain

 

これは今回のベストショット!欲を言えば、もう少し車両の角度が…

良いんです。白煙を巻き上げ、タイヤカスを散らし、ファイヤー!しているので。

#38 斎藤 久史 マチュアー ミヤセイミツ RX-15FOUR

f:id:watnainai:20210628234714j:plain

 

#70 横井 昌志 TEAM D-MAX S15 SILVIA 2JZ 4号機

f:id:watnainai:20210628234810j:plain

 

#99 中村 直樹 MUGEN PLUS 極 シルビア

f:id:watnainai:20210628235015j:plain

 

#77 松山 北斗 GR SUPRA Blue Edition

f:id:watnainai:20210628235317j:plain

 

#2 田中 省己 SAILUN TIRE D-MAX N-Body S15 SILVIA

f:id:watnainai:20210628235439j:plain

 

#36 高橋 和己 JAPAN FIGHTER TMS E92

f:id:watnainai:20210628235704j:plain

 

#46 末永 正雄 TEAM D-MAX S15 SILVIA 2JZ 3号機

f:id:watnainai:20210628235858j:plain

 

#91 畑中 真吾 エヴァRT初号機 SAILUN スープラ

f:id:watnainai:20210628235942j:plain

 

#4 小橋 正典 LINGLONG Team ORANGE S15-2JZ

f:id:watnainai:20210629000106j:plain

 

#16 山口 孝二 G-MEISTER as SILVIA

f:id:watnainai:20210629000233j:plain

 

#84 波紫 聖和 クロスオーバーレブシルビア

f:id:watnainai:20210629000315j:plain

 

#78 上野 高広 VERTEX 超EDGE LEXUS RCV SAILUN

単走1本目で壁にヒットしてそのままリタイア。

私の撮影ポイントまで走ってくることすらなく、写真無し。

残念。

 

その他に不出場選手が4名。

齋藤太吾選手も不出場。

出走リストをしっかりと見てないので、いつ走るのかとワクワクしてました。

残念。

日比野哲也選手もエントリーしてなかった。

この2名の不参加により若干締まりがなかった気がする。

 

次回、追走編です。

【一眼レフ】【ドライブ】大荷場木浦沢線を走ってきた

大荷場木浦沢線を走ることは私にとって悲願であった。

二回は訪れて、二回とも通行止めにより引き返す羽目になっている。

 一回目はこの時だった。

 

台風19号により、この橋の整備が行われていた。

f:id:watnainai:20210621234727j:plain

f:id:watnainai:20210621234725j:plain


恐らく、内部でも崩落などがあって、整備が行われていたのであろう。

栃木県の林道情報で2021年3月26日(金)に通行止めが解除って書かれているではないですか。

栃木県/林道情報

 

これは行くしかないということで20日(日)に行ってきました。

人気の蕎麦屋「かみやま」の人だかりを見ながら、その奥を目指します。

で、冒頭の橋の写真の場所に到着。

 

その後はさらに奥へ行けるワクワク感です。

今はバランスよく保たれている木ですが、運のいい人は運転席の窓を突き破って、ドライバーに刺さるんですね。わかります。

f:id:watnainai:20210621235231j:plain

 

丁度いい車の退避場所があったので…

f:id:watnainai:20210621235336j:plain

f:id:watnainai:20210621235337j:plain

 

Google MAPを見ていて思ったんですけど、ザゼン草群落があるようです。

f:id:watnainai:20210621235530j:plain

f:id:watnainai:20210621235533j:plain

 

 

ここは写真に収めておこうとしていたら運悪く後続車(青のスイフト。左側のブレーキランプが切れてましたよ)が…

ミニバン系だと屋根擦るんじゃないですかね?

f:id:watnainai:20210622000144j:plain

 

封鎖されてる駐車場に幅寄せして、滝を撮影。

f:id:watnainai:20210622000233j:plain

f:id:watnainai:20210622000235j:plain

 

これが”猿岩の滝”かなと思いましたが、違うっぽい?

まともな滝写真がなくて、良く分かりません。

f:id:watnainai:20210622000846p:plain

 

猿岩の滝に別れを告げ、また林道を突き進みます。

f:id:watnainai:20210622000931j:plain

 

緑を感じながら。

f:id:watnainai:20210622001008j:plain

f:id:watnainai:20210622001010j:plain

f:id:watnainai:20210622001013j:plain

 

漸く、余裕ぶっこいて写真撮影して、Uターンできる場所を発見。

Google MAPで場所を追いかけても分かりませんでした。

f:id:watnainai:20210622001913j:plain

f:id:watnainai:20210622001916j:plain

 

この時で大体13時を少し回ったころだったんですよね。

そして、私は15時から車両点検の予約を入れていたんですよ。

なので、戻らないと間に合わなくなります。

 

登り時も見かけたけど、下りの時に撮影した落石現場。

f:id:watnainai:20210622002229j:plain

 

仕事を放棄したかのような向き方をしているミラー。

f:id:watnainai:20210622002309j:plain

f:id:watnainai:20210622002310j:plain

 

こんな道です。対向車が来たら詰みます。

f:id:watnainai:20210622002803j:plain

 

「大字(おおあざ)」が付く住所を見たのは長野市に住んでいた時以来。

f:id:watnainai:20210622002924j:plain

 

「う~ん…」と思いながら撮影。なんか、コレジャナイ感。

f:id:watnainai:20210622003016j:plain

 

こういう道路の一部が崩れていたり。

f:id:watnainai:20210622003147j:plain

f:id:watnainai:20210622003150j:plain

 

「大滝」かなと思いましたが、どうやら違う。

f:id:watnainai:20210622003327j:plain

 

山奥でもこういった人工物は意外とある。

f:id:watnainai:20210622003407j:plain

 

この後、車両の左前方から異音が…。

パンク?え?何やらかした?

と思い、猿岩の滝の橋の部分に居たので、停車して確認。

f:id:watnainai:20210622000846p:plain

鹿の角のような形状の細い枝を引きずっていただけでした。

少し車を移動させたりして、何とか撤去。

積んでて良かった、軍手。

 

そんなこんなで、ディーラー最寄りのコンビニに14時30分頃に到着。

今回は下見という位置付けで行ってきました。

だいたいの雰囲気は分かったので、次回はしっかりと三脚を使って撮影してみたりしたいと思います。

 

【走っていて感じたこと】

・葛生方面から走っていく人が多く、粕尾峠側からの車両はいなかった

・しかし、油断は禁物。常に対向車を意識する

・バイクで走っている人はそこそこいる(葛生に戻る時に2台すれ違いました)

・幅寄せに自信がない人は来ない方が良い

・すれ違う時に迷惑

・左ミラーはする覚悟で寄せろ

・ミニバンで来るのは本当にやめておいた方が良い

・ケータイの電波?入るわけがない。

・一人で来ると、心細い

・トラブった時に歩いて下山を覚悟しろ

・林道に入る前にSNSでつぶやくか、誰かに行き先を伝えておけ

 (登山のように届けを出せないから、崖から車ごと落ちても発見されない)

・雨天の翌日は落ち葉が滑りやすいからブレーキ操作は気をつけろ

・「警笛鳴らせ」の看板があるところでは鳴らしておけ

って所でしょうか。

次回、再度走って思うことがあったら追加します。

【一眼レフ】玉堂美術館からのカフェ。

先日の横浜イングリッシュガーデン(YEG)の続きです。

そういえば、YEGを出るときに券売所行列ができていたのには驚きました。

私は11:30頃着きましたが、比較的スイスイでしたが、14:00を回ったころに行列でした。

 

パンを食べたりジュース飲んだりしていたら、結局14:30頃まで横浜に居た。

その後、2時間経たずに青梅に居た。

何を言っているわかr(ry

 

横浜とか2時間もいたら、まぁまぁ満足する場所だろうって予測もあったので、青梅に行く計画を立てていました。

この辺の予測は、ソロで色々と行き歩いた経験って所でしょうか。

江ノ島方面に行くのも考えましたけど、人が多いじゃないですか。

15:00を少し過ぎたあたりに青梅線御嶽駅そばの河鹿園に行こうとしていましたが、入園が15:00まで。そもそも、駐車場が既に封鎖されていて何も出来ない状況下。

諦めてすごすごと退散。

こちらの河鹿園ですが、検索によっては”旅館”と出てきますが、美術館です。

河鹿園(国登録有形文化財) | おうめ観光ガイド

私はピュアボーイなので、旅館だと思っていました。

シャイ・ピュア・下戸、それが私です。

 

毎度のことながら、前置きが長いですね。

だって、写真が少ないんですもの。

前回で使い切ってしまいました。

むしろ、一回で纏めたかった!

 

そして、向かった先が玉堂美術館。

玉堂美術館 Web :: 東京の奥多摩(青梅)にある美術館:: 日本画の川合玉堂作品を展示しております

f:id:watnainai:20210617232516j:plain

 

何の美術館か私は知らなかったんですよ。

過去にガラスの美術館とか、オルゴールとかテディベアの美術館に行っていたので、似たような系統だろうと思っていたんですよ。

掛け軸に描かれた、絵画だったでござる。

また、新規分野を開拓してしまった…。

絵画よりも、僅かばかり展示されていた陶器の方が興味があったかもしれない。

 

展示物の写真はないけれど、庭園の写真はあります。

どうやって撮ればいいのか分からなかった…。

f:id:watnainai:20210617233235j:plain

f:id:watnainai:20210617233236j:plain

 

玉堂美術館の後は、河原をウロウロ。

f:id:watnainai:20210617234441j:plain

 

最後に向かったのがカフェ。

f:id:watnainai:20210617235124j:plain

 

コンブリオ - 金子/カフェ [食べログ]

 

時間も遅く、シフォンケーキしか出せないと言われました。

チーズケーキが食べたかった…。

ケーキの写真?

あるけど、ないです。

ピントが合ってません。

あの手この手で頑張ろうとしましたが、5秒で諦めました。

敷地内に灰皿はありません。

 

建屋の外観だけになります。

f:id:watnainai:20210617235658j:plain

 

そんなこんなで帰宅。

道中は雨が降りましたが、YEGや美術館・カフェでは何とか天気がもってくれて助かった一日でした。

【一眼レフ】横浜イングリッシュガーデンに行ってきた!

6/13(日)

元々は2度目の雨引観音に行く予定だった。

前日の18時に横浜イングリッシュガーデンに行くことで計画が変更された。

何を言っているか分からないと思うが、わt(ry

以上、毎度おなじみの突発的な計画変更です。

 

お酒飲みながらPCでtwitterを見ていたら、こんなのが流れてきたんですよ。

 

これを見て、行き先が変わりました。

場所は横浜市西区

横浜イングリッシュガーデン公式サイト

…?

どうやって行くの?

神奈川県にはちょいちょい行くことがありますが、横浜市川崎市ってあまり行った事がないので良く分かりません。10年前に横浜市に住んでましたが、戸塚区でしたし当時は車を持っていなかったので…電車の感覚と車の感覚は違いますよ。

まぁ、現代の世の中にはカーナビという素敵なアイテムもありますし、行き先さえ設定すればたどり着けないということはないと思います。

目的地を設定して、ナビ通りに走っていても道を間違えましたけど!

 

ナビ「なんちゃらジャンクションでこっちに行ってください」

私「あいよ~!」

ナビ「・・・。」

私(ふぁ?!ジャンクションの先で二股に分かれてるやんけ!どっちや!ナビよ、どっちや!)

ナビ「目的地までのルートを再計算します」

私「ガッデム!」

 

こんな感じでした。

横浜の高速って走りづらい。

途中から高速を走っているのか、下道を走っているのか分からなくなりました。

最終的に下道でもたまに存在する○○ICを降りた先は住宅街のど真ん中でした。

横浜市ってそうそう行く機会ないし、行っても電車だし…

仕方ない!

切り替えて、次回はミスらないようにしよう!

 

さて、何とかたどり着いた横浜イングリッシュガーデン。

…。

 

……。

 

写真が少ない。

こちらは入口入ってすぐのガーデンの様子。

f:id:watnainai:20210616015932j:plain

(D750 AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED)

 

こちらはしばらくしてから入口方面を撮った1枚。

f:id:watnainai:20210616020434j:plain

(D500 AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G)

どちらも開放で似たような感じで撮ったつもりですが、F値の違いって大きいですね。

 

良くある、水にアジサイを浮かべたアレ!

F値は開放です。

f:id:watnainai:20210616032609j:plain

 

こちらはアジサイというよりもバラの方が有名っぽいですね。

f:id:watnainai:20210616023119j:plain


まずはバラコレクション。

時期的には終わりですが、辛うじて咲いていました。

少々やる気は感じられませんでしたが(笑)

f:id:watnainai:20210616024948j:plain

f:id:watnainai:20210616024953j:plain

f:id:watnainai:20210616024955j:plain

f:id:watnainai:20210616024957j:plain

f:id:watnainai:20210616025000j:plain



未だにバラの撮り方が良く分かりません。

三分割構図を意識して、一輪だけを切り取るという以前から成長の感じられない写真ばかり…。

 

こちらはちょっと花が多いですが、まぁ三分割ですよね。

f:id:watnainai:20210616025429j:plain

 

ぼちぼち、ユリの時期ですね。

f:id:watnainai:20210616025628j:plain

f:id:watnainai:20210616032125j:plain

 

これを撮っていた時はそこそこに疲れていた。

帰宅してから良い感じに編集すれば良いやって感じで、魂がこもらなかった…

f:id:watnainai:20210616025836j:plain

 

さて、アジサイですが、この辺りはよく見かける品種なのではないかと思います。

前回の雨引観音でも撮影してました。

f:id:watnainai:20210616032002j:plain

f:id:watnainai:20210616030007j:plain

f:id:watnainai:20210616030011j:plain

f:id:watnainai:20210616030015j:plain

 

これはガクアジサイだと思いますが、色が見たことない気がします。

f:id:watnainai:20210616030112j:plain

 

花弁 in 花弁の見たことがないタイプのアジサイ

f:id:watnainai:20210616030958j:plain

f:id:watnainai:20210616031009j:plain

 

アジサイの名所って言われるようなところは、だいたい「あ、アジサイだ!」って見たらすぐに分かるのが多いと思います。昔ながらの安定感あるアジサイですね。

 

ここでは「何ぞコレ?!」ってアジサイも見られて楽しいです。

円柱系のアジサイって見たことない!

f:id:watnainai:20210616031315j:plain

 

ピンクが混じっているアジサイも珍しいですよね。

f:id:watnainai:20210616032058j:plain

 

その中でも、白い花弁ベースで、縁だけ色づいているアジサイは見たことない!

見たことなくても、撮り方はいつもと変わらないんですけどね。

f:id:watnainai:20210616031627j:plain

 

皆さん、思い思いに楽しんでいる様子です。

風がなくて、暑かった…。

f:id:watnainai:20210616031906j:plain

 

後は撮影ポイントを求めて、園内をウロウロと。

なんか、映えねぇ…。

f:id:watnainai:20210616032717j:plain

 

ここなら行けるか!って場所も切り取り方では微妙な感じ。撮影者の腕にかかってきますね。

私はヒヨッコなので全然だめです。

f:id:watnainai:20210616032848j:plain

 

期間限定メニュー「アジサイ・クリームソーダ」は美味しかった。

f:id:watnainai:20210616033024j:plain

 

普段ならボツショットにする1枚ですが、ボカしてもアジサイと分かるのは素晴らしいですね。

カップのロゴは明後日の方向を向いていますし、ピントも微妙だし、これをブログに載せる書き手の面を見てみたい。

f:id:watnainai:20210616033116j:plain

  

その他にバラサイダーとかパンを買って食べてましたけど…

写真撮ってない!

あるにはある。しかし、スマホで撮って、バラサイダーのラベルは裏面だし、私は全く仕事をしていなかった。

バラサイダーも美味しかった。

 

滞在時間は約2.5時間でした。

その後は次の目的地に向けて…。

というわけで、今回はここまで。