カメラと酒、時々クルマ

NikonのD750とD500を使って写真を撮って遊んでいます。最近は自宅周辺(300km圏内)をウロウロしています。

【一眼レフ】[予選編①]行ってきた!2021 AUTOBACS SUPER GT Round2 たかのこのホテル FUJI GT 500km RACE

恐らく、今回は相当長くなります。

移動に関する備忘録変わりも兼ねており、使用する予定の写真は60枚強になります。

 

まずは2021年のGWも都市部を中心に非常事態宣言が発出されました。

それに伴い、高速道路の休日割の停止。

f:id:watnainai:20210506223602p:plain

参照元ETC 休日割引 | ドラぷら(NEXCO東日本)

 

休日割引が適用されないと、佐野から富士スピードウェイまで5210円かかるのですが、ちょっと高い。

なので、私は考えた。

そうだ、下道で行こう!

厳密には佐野から八王子まで下道で行って、そこから高速に乗って富士まで向かおうという算段。

見込み時間としては八王子までは3時間くらいかな、そこから高速で1時間くらいかなって感じです。

結果はドンピシャで、14時に佐野を出て17時に藤野PAで休憩していた。

その1時間後に何故か河口湖で富士山を撮影していた。

f:id:watnainai:20210506224619j:plain

 

で、ぼちぼちいつもの風呂屋に行くか…と思って、営業時間を調べたら19時までの受付ということを知って、焦った…。

f:id:watnainai:20210506225327p:plain

参照元ご利用案内 | 御胎内温泉

 

駐車場に着いた時は18:55でギリギリでしたね。

晩飯はいつもの五味八珍川島田店。

そして、ゲート前に着いたのが21時。

西ゲートはいっぱいで、臨時待機場所も22時からということで、東門の臨時待機場所へ。

21時にゲート前が一杯になるのは予定外だったかな。

少し早めに到着させるってのは2年前の富士の教訓だったのだけど、今回はそれでも遅いと思ったので来年のGWに生かしたいと思います。やはりGWの富士は厳しいな~。

 

今年のゲートオープンは予定よりも30分早まって4時でした。

3時45分くらいに起こされました。

いつものP7駐車場に5時前について、そこから3時間ほど仮眠。

9時から行動開始。

そして、速攻で飲むビール!10時前までなら次に運転する16時以降まで6時間空くからギリギリセーフという理論。

f:id:watnainai:20210506230705j:plain

f:id:watnainai:20210506230708j:plain

 

ただ、スーパードライもモルツもそんなに好きじゃないですよね。

黒ラベルも置いてもらえないだろうか。

 

その後はイベント広場をウロウロ。

新型のBRZとGR86は良いですね~。現行よりも好きです。

f:id:watnainai:20210506232702j:plain

 

9時45分からのチームスポンサーステージでレースクイーンを撮影。その時の写真は省略!

さて、今回の大会ではピットビューイングに当選したので、チームスポンサーステージ後に集合場所に向かいます。

人、多っ!

f:id:watnainai:20210506233655j:plain

トータルで500~600人程度だったのでしょうか。

私の集合場所以外にもう一箇所あったので、同等だとすると…。

早く並んでもノベルティアイテムがもらえたりするわけでもないのに、何故日本人は並ぶのが好きなのだろうか。

 

会場入りしたら、車を見たい人とレースクイーンを撮影したい人で完全に分けられていました。

過去にもピットウォークは行った事がありますが、予選の日は分けられていることがなかったので、これは良かった。

さて、レースクイーンの方々です。

#25 HOPPY team TSUCHIYA

f:id:watnainai:20210506234523j:plain

 

#244 Max Racing

f:id:watnainai:20210506234611j:plain

 

#360 TOMEI SPORTS

f:id:watnainai:20210506234659j:plain

 

#22 R'Qs MOTOR SPORTS

f:id:watnainai:20210506234752j:plain

 

#60 LM corsa

f:id:watnainai:20210506234832j:plain

 

#31 apr

f:id:watnainai:20210506234917j:plain

 

#30 apr

f:id:watnainai:20210506234958j:plain

f:id:watnainai:20210506235402j:plain

 

#88 JLOC

f:id:watnainai:20210506235609j:plain

 

#36 TGR TEAM au TOM'S

f:id:watnainai:20210506235658j:plain

 

#37 TGR TEAM KeePer TOM'S

f:id:watnainai:20210506235738j:plain

 

#96 K-tunes Racing

f:id:watnainai:20210506235811j:plain

 

#14 TGR TEAM ENEOS ROOKIE

f:id:watnainai:20210507000042j:plain

 

#39 TGR TEAM SARD

f:id:watnainai:20210507000155j:plain

 

#2 muta Racing INGING

f:id:watnainai:20210507000237j:plain

 

#38 TGR TEAM ZENT CERUMO

f:id:watnainai:20210507000331j:plain

 

#19 TGR TEAM WedsSport BANDOH

f:id:watnainai:20210507000421j:plain

 

#35 arto Team Thailand

f:id:watnainai:20210507000742j:plain

 

#52 埼玉トヨペット Green Brave

f:id:watnainai:20210507000817j:plain

 

#21 Audi Team Hitotsuyama

f:id:watnainai:20210507001142j:plain

 

#6 Team LeMans w/MOTOYAMA Racing

f:id:watnainai:20210507001527j:plain

 

#23 NISMO

f:id:watnainai:20210507001707j:plain

 

#3 NDDP RACING with B-MAX

f:id:watnainai:20210507001744j:plain

 

#10,11 GAINER

f:id:watnainai:20210507001853j:plain

f:id:watnainai:20210507001912j:plain

f:id:watnainai:20210507001927j:plain

f:id:watnainai:20210507001941j:plain

 

#12 TEAM IMPUL

f:id:watnainai:20210507002358j:plain

 

#5 TEAM MACH

f:id:watnainai:20210507002624j:plain

f:id:watnainai:20210507002639j:plain

 

#56 KONDO RACING

f:id:watnainai:20210507002724j:plain

 

#9 PACIFIC CARGUY Racing

f:id:watnainai:20210507003039j:plain

 

#7 BMW Team Studie × CSL

f:id:watnainai:20210507003150j:plain

 

#4 GOODSMILE RACING & TeamUKYO

f:id:watnainai:20210507003244j:plain

 

#65 K2 R&D LEON RACING

f:id:watnainai:20210507003321j:plain

 

#1 TEAM KUNIMITSU

f:id:watnainai:20210507003407j:plain

 

#17 Astemo REAL RACING

f:id:watnainai:20210507004006j:plain

 

Mobil1

f:id:watnainai:20210507002357j:plain

f:id:watnainai:20210507005320j:plain

 

#8 ARTA

f:id:watnainai:20210507005456j:plain

 

#18 TEAM UPGARAGE

f:id:watnainai:20210507010109j:plain

 

#16 TEAM Red Bull MUGEN

f:id:watnainai:20210507010156j:plain

 

#64 Modulo Nakajima Racing

f:id:watnainai:20210507010233j:plain

 

#34 Yogibo Drago CORSE

f:id:watnainai:20210507010309j:plain

 

#61 R&D SPORT

f:id:watnainai:20210507010342j:plain

 

FSWイメージガール“クレインズ

f:id:watnainai:20210507010445j:plain

 

何とか全員おさめることができました。

残った時間は車両を撮影して回ってピットビューイングは終了。

#61 SUBARU BRZ R&D SPORT

f:id:watnainai:20210507010919j:plain

 

#34 Yogibo NSX GT3

f:id:watnainai:20210507010955j:plain

 

#16 Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT

f:id:watnainai:20210507011040j:plain

 

#18 UPGARAGE NSX GT3

f:id:watnainai:20210507011117j:plain

 

#17 Astemo NSX-GT

f:id:watnainai:20210507011212j:plain

 

#1 STANLEY NSX-GT

f:id:watnainai:20210507011246j:plain

 

#4 グッドスマイル 初音ミク AMG

f:id:watnainai:20210507011339j:plain

 

#7 Studie PLUS BMW

f:id:watnainai:20210507011546j:plain

 

#9 PACIFIC NAC CARGUY Ferrari

f:id:watnainai:20210507011708j:plain

 

#6 Team LeMans Audi R8 LMS

f:id:watnainai:20210507011830j:plain

 

#14 ENEOS X PRIME GR Supra

f:id:watnainai:20210507011912j:plain

 

#36 au TOM'S GR Supra

f:id:watnainai:20210507012003j:plain

 

因みに、私の推しのレースクイーンはこちらです。

f:id:watnainai:20210507012234j:plain

f:id:watnainai:20210507012250j:plain

f:id:watnainai:20210507012307j:plain

 

今回の更新はここまでで、次回は予選編②ですがいつになることやら…。

f:id:watnainai:20210507012457j:plain

 

【一眼レフ】[岩櫃城~榛名山編]天気が良かったので特に行き先を決めずに出かけてきた

前回の八ッ場ダム編に続いての続編となる岩櫃城榛名山編です。

f:id:watnainai:20210429234403j:plain

 

岩櫃城というものを知ったのはごく最近で、NHKのこちらの番組を見ていた時の事でした。

城に詳しい人もそうでない人も!みんなで楽しめるお城番組、第8弾! 日本最強の城スペシャル 第8弾 |NHK_PR|NHKオンライン

 

 岩櫃城という存在を知っても今回は特に行く計画は立てていませんでした。

ただ、道中に「岩櫃城こっち」って看板を見つけてしまったので、これは行くしかないと。

吾妻峡の次に向かったので、時間は16時を回る頃でした。

駐車場に車を停めて歩いて向かうわけですが、距離にして約500mです。

f:id:watnainai:20210429213056j:plain

 

歩いている途中では桜が咲いていました。

f:id:watnainai:20210429212635j:plain

f:id:watnainai:20210429233826j:plain

 

16時を過ぎていたので、観光案内所は閉館。

f:id:watnainai:20210429212758j:plain

 

また、熊注意…やはりソロでの熊遭遇は怖いと思います。

f:id:watnainai:20210429222441j:plain

 

結構ヘロヘロの状態で再度こういった道を歩くのはきつかった。

f:id:watnainai:20210429222529j:plain

 

中間ポイント。降りてきたオジサンと少し会話しました。急な道のりだから頑張ってと言われました。

f:id:watnainai:20210429222645j:plain

 

先ほどと似たような1枚ですが、かなり急な斜面です。

f:id:watnainai:20210429222817j:plain

 

そして階段で上がっていく斜面…。

f:id:watnainai:20210429223128j:plain

 

階段が整備されていない場所はこんな感じです。

f:id:watnainai:20210429223246j:plain

f:id:watnainai:20210429223250j:plain

 

中腹からの景色。

f:id:watnainai:20210429223417j:plain

 

最後にまた階段…。

f:id:watnainai:20210429223521j:plain

 

で、ようやく址地にたどり着きます。

f:id:watnainai:20210429233655j:plain

 

完全に疲れて、ベンチに座ってえずいていました。

水分持ってくれば良かったと後悔した。

 

その他の斜面。

f:id:watnainai:20210429233940j:plain

f:id:watnainai:20210429233943j:plain

f:id:watnainai:20210429233946j:plain

 

自然の要塞とはよく言われたもので、ここを甲冑を着て駆け上がって攻め込むとか城に着いた時はヘロヘロですわ。

逆に凄い場所に城を作ったものだとも感心。

 

最後に向かったのが榛名湖。

着いた時には18時でしたが、意外と明るかったです。

f:id:watnainai:20210429234750j:plain

 

見るところ?何もなかったです(笑)

f:id:watnainai:20210429235522j:plain

f:id:watnainai:20210429235526j:plain

f:id:watnainai:20210429235529j:plain

 

気温が5度しか無くて、物凄く寒かった。

積んでてよかった、ダウンジャケット!

ダウンジャケットのクリーニングはGWの終わりに出します。

 

次回はしっかりとタオルを持って日帰り温泉にも入ってこようと思います。

【一眼レフ】[八ッ場ダム編]天気が良かったので特に行き先を決めずに出かけてきた

4/25(日)。珍しく8時前に目が覚めて活動をし始めるという奇蹟。

洗濯を済ませ、10時過ぎにディーラーにオイル交換の予約を入れたら準備は完了だ。

ガソリンの残量は約40L。距離に換算すると最大で480km程は走行可能。

そんなに遠くには行けないけど、気持ちよくドライブできるような場所を選定。

選ばれたのはあやt…八ッ場ダムでした。

f:id:watnainai:20210427002032j:plain

 

ダムって何か良くないですか?

膨大な量の水をせき止める建造物。

自然を相手にしたスケールの大きさは素晴らしいと思います。

f:id:watnainai:20210427004314j:plain

 

上の写真はこちらの展望ポイントから撮影。

f:id:watnainai:20210427005241j:plain

 

ダムの上から見た景色①

相当な高さがありますが、男性特有のタマヒュンは起こりませんでした。

しかし、スマホでも撮影しているときは「落としたら終わるな」などと考えながら撮影していました。

一眼レフは良いんですよ。ストラップがついているので、首にしっかりと回していれば「あ、手が滑った」となっても落下させる危険性はほぼ無いですから。しかし今のスマホってストラップを付けるという文化は廃れた状態なので「あ、手が滑った」となったら数十メートル下への落下は避けられません。

f:id:watnainai:20210427010321j:plain

 

ダムには併設された資料館もあります。

f:id:watnainai:20210427010612j:plain

f:id:watnainai:20210427010733j:plain

 

こういう資料を熱心に見ている人って大体は一定以上の年齢をいった人しかいませんでしたね。

f:id:watnainai:20210427012139j:plain

f:id:watnainai:20210427012141j:plain

f:id:watnainai:20210427012143j:plain
f:id:watnainai:20210427012146j:plain

f:id:watnainai:20210427012149j:plain


f:id:watnainai:20210427012152j:plain

f:id:watnainai:20210427012154j:plain

f:id:watnainai:20210427012200j:plain

 

八ッ場ダムって1947年から計画が始まっていたのかと思いながら見ていました。

流石に私も生まれていません。

しっかりと記憶として残っているのは2009年の事業中止の時でしょうか。

とある政権時代に事業仕分けというパフォーマンスを頑張っていた記憶があります。

 

資料館の中には観光マップもあります。

タオル持ってきて日帰り温泉に入りたかった…

f:id:watnainai:20210428212508j:plain

 

無料展望台もあります。

f:id:watnainai:20210428221401j:plain


無料だったら、当然行かない手はないですよね。

鐘もしっかりと鳴らしてきました。

f:id:watnainai:20210428221446j:plain

f:id:watnainai:20210428221447j:plain

 

ボーっと見ていられる景色。

f:id:watnainai:20210428221545j:plain

 

さて、ダムから景色を見ていた時に、ダムの下から見ることも出来そうだったので下にも行きました。

近くまでは車で行けない模様(※2021年4月時点)。

無料の駐車場があるので、そこに停めて歩いて向かいます。

f:id:watnainai:20210428221203j:plain

 

日本一短いトンネルを見るのを忘れてしまった…

f:id:watnainai:20210428221721j:plain

 

吾妻峡は綺麗でした(語彙力)

f:id:watnainai:20210428222204j:plain

f:id:watnainai:20210428222210j:plain

 

道中に撮った看板ですが、駐車場からダムまでは約1kmあります。

結構歩かされた気がしました。

f:id:watnainai:20210428222319j:plain

 

ダムまでは500円/人で乗れるバスも運行されていました。

乗りたかった…。

f:id:watnainai:20210428222413j:plain

 

そんなこんなでダム着。絶賛工事中!

f:id:watnainai:20210428222443j:plain

f:id:watnainai:20210428222446j:plain

 

吾妻峡八ッ場駅とありますが、線路の上をチャリンコで走ってくるアクティビティでした。

f:id:watnainai:20210428222759j:plain

f:id:watnainai:20210428230620j:plain

f:id:watnainai:20210428222824j:plain

f:id:watnainai:20210428222821j:plain

 

因みにこちらは片道2000円…たけぇ…。往復1000円位だったら利用したかったかもしれない。

むしろ二人一組での利用ということは、一人で来ていた私は利用できなかったのか?

f:id:watnainai:20210428222942j:plain

 

渓谷には展望スポットがありましたが、殆ど立ち入ることができない状況。

悔しい!どういう景色だったのか見てみたい!

f:id:watnainai:20210428224256j:plain

 

今回行った中では唯一と言っていい渓谷を見ることができたスポット。鹿飛橋。

f:id:watnainai:20210428224705j:plain

f:id:watnainai:20210428224706j:plain

 

橋を渡った先には行き先表示板があります。

f:id:watnainai:20210428225254j:plain

 

とりあえず小蓬莱(見晴台)を目指してみます。

f:id:watnainai:20210428225449j:plain

 

小蓬莱(見晴台)と思われるのが、こちら。

この撮影ポイントより先は行けませんでした。いや、行けるには行けるけど、落ち葉で滑った瞬間に川へ一直線滑落コースなので、無理です。こんなところでニュースに出たくないです。

f:id:watnainai:20210428230101j:plain

 

見晴台こっちっていう看板もありますが、周囲に道はありません。望遠レンズで撮影しました。

f:id:watnainai:20210428230152j:plain

 

そういえば望遠レンズを持ち歩いていたんですが、野鳥とか撮影できればいいなと思っていました。

ぴーひょろろとかほけきょって鳴き声は聞こえてきましたが、姿は見えませんでした。

そんな中、唯一撮影出来たのがこちら。

f:id:watnainai:20210428230331j:plain

f:id:watnainai:20210428230336j:plain

 

カケスという名の鳥らしい。

カケス|日本の鳥百科|サントリーの愛鳥活動

 

ちょっとピントが合ってなかったり、ぶれてたり…。

練習あるのみ!

 

さて、見晴台も遠くから見たので、戻ります。

そして、十二沢パーキングを目指します。

このフェンスの無い道を歩いて…。

f:id:watnainai:20210428230818j:plain

 

スギ花粉の終わった時期で良かったと思わされる道です。

f:id:watnainai:20210428230940j:plain

 

「クマ注意」って看板もあるし、一人で歩くには少し寂しかったです。

いざとなったら望遠レンズでぶん殴るしかねぇ!等と考えながら歩いていました。

 

10分くらい歩くと、十二沢パーキングに到着します。

駐車場の写真はありませんが、その手前の沢の様子ならあります。

f:id:watnainai:20210428231404j:plain

 

この倒木の安定感には惹かれるものがありました。

f:id:watnainai:20210429013212j:plain

 

最後に猿橋を渡って元の道に戻って駐車場へと向かいます。

f:id:watnainai:20210428231512j:plain

 

その他、望遠レンズで撮影シリーズ。

f:id:watnainai:20210428231754j:plain

f:id:watnainai:20210428231756j:plain

f:id:watnainai:20210428231812j:plain

 

思った以上に八ッ場ダム編がボリューミーになってしまった。

気まぐれで向かった場所ですが、意外と楽しめたのは年のせいだろうか。

次回、岩櫃城~榛名湖編になります。

【一眼レフ】AFPで今季サァーン度目の藤の花を撮影してきた(2021年5回目)

そう。

それは19日の月曜日。

18時に職場でタバコを吸っていた私は気が付いてしまった。

「あれ?昨日と打って変わって、今日は無風じゃね?」

 

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

「おれは 今日は無風だな~と
思ったら いつのまにかあしかがフラワーパークに居た」

な… 何を言っているのか わからねーと思うが 

おれも 何をされたのか わからなかった… 

頭がどうにかなりそうだった… 催眠術だとか超スピードだとか

そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

もっと恐ろしいものの片鱗を 味わったぜ…

 

そうなんです。

無風だなと思った瞬間に、自席に戻ってPCをシャットダウンして会社を飛び出して、一旦自宅に帰ってカメラを担いで車に飛び乗ってAFPに向かいました。

はっきり言って、日曜日は強風過ぎて少し不完全燃焼な感じで終わっていたのもあったので、勢いで行ってしまった感じです。

 

空いていて、半強制的に東門の前の駐車場に向かわされました。

西門は使用されていませんでした…。

で、東門から入った私は一目散にいつもの場所に向かいます。

f:id:watnainai:20210423230710j:plain

 

あぁ、これは最高だ…

 

リフレクションが少しぼやけてしまっていますが、実際に目で見たら綺麗に映っていました。

この時に私が見た感動をいかに写真に残すかを課題として挙げています。

 

少しだけ普段は撮らない角度もうっきうきで撮ってみたり。

f:id:watnainai:20210423232600j:plain

f:id:watnainai:20210423232604j:plain

 

それくらい、リフレクションが綺麗な日でした。

今年行った中で一番の当たりの日でした。

 

白藤の滝もこれでもかってくらいにクッキリハッキリ!

f:id:watnainai:20210423232759j:plain

 

むらさき藤のスクリーンも当然最高ですよね。

f:id:watnainai:20210423232849j:plain

 

うす紅の橋もそれはもう最高でございました。

f:id:watnainai:20210423233426j:plain

 

白藤のトンネルの見ごろはまだでした…。

f:id:watnainai:20210423233508j:plain

 

最後にもう一度、北西の大長藤のリフレクション。

f:id:watnainai:20210423234602j:plain

 

今回も最後まで見ていただき、ありがとうございます。

ここまで見て気づいた方もいるかもしれませんが、人が殆ど写っていません!

長秒で撮影しているので、消えてしまった人もいますがPsでせかせかと消すという加工はしていません。

むしろ、私はその加工はできません…。

 

無風&人が居ないという、史上稀に見る最高の1日でした。

私は19日に行きましたが、写真を撮りたい人にとっては19~21日が恐らく最高の1日だっと思います。

20日も無風だったので3日連続で行こうか迷い、諦め、

21日もコンディションとしては良かったのですが、諦め。

行っておけば良かったと、珍しく後悔しています。

 

【一眼レフ】AFPで今季二度目の藤の花を撮影してきた(2021年4回目)

昨夜アップした記事のつつじが丘公園からハシゴしたのがAFP。

ライトアップが17日から始まったけれど、17日には雨天だったので諦め日曜日に行ってきました。

 

結論:強風の中での藤の花の撮影はキツイ

 

15時頃につつじが丘公園を後にして、AFPにそのまま向かっても良かったのだが、如何せんお腹が空いたのでちょっとラーメンで腹ごしらえがしたかった。

館林は詳しくなく、どこのラーメン屋が良いのかも分からなかった私は足利市駅(NOT 足利駅)まで向かった。

丸源ラーメンという空いているラーメンチェーン店がありまして。

佐野のラーメン屋は休日はどこに行っても混んでいるので、休日に食べに行く場所ではないと思っています。

そして17時過ぎにAFPイン。

15日の木曜日もこの時間帯の撮影はしていましたし、強風だったのでちょっとお遊びで撮影。

f:id:watnainai:20210420235436j:plain



ソフトフィルターを付けての撮り歩き。

使ったソフトフィルターはこちら。

 

余り人気の無い八重藤もソフトフィルターで柔らかく。

f:id:watnainai:20210421001051j:plain

f:id:watnainai:20210421001054j:plain

 

最近、こういうギザギザのチューリップって多いですよね。

f:id:watnainai:20210421001145j:plain

f:id:watnainai:20210428211152j:plain



 

このアジサイのような白い花の名を僕はまだ知らない。

f:id:watnainai:20210421001319j:plain

 

大長藤。2枚目は園内の南西にポツンとありました。

f:id:watnainai:20210421001406j:plain

f:id:watnainai:20210421001409j:plain

 

フィルター有りでの藤のアップはまぁまぁいい感じ。嫌いじゃない。

f:id:watnainai:20210421001536j:plain

f:id:watnainai:20210421001539j:plain

 

F値の暴力の他に+αされたかのようなボケ具合。

f:id:watnainai:20210421001644j:plain

 

トワイライト以降の時間帯ではクロスフィルターを多用。

f:id:watnainai:20210421001841j:plain

 

使用したフィルターはこちら。

 

何か毎年同じような写真ばかりで面白くないなと思い、購入してみました。

使っていて良く分からなかったのが、効果が強く出るときと出ない時の差。

光源までの距離で変わるのだろうか?もう少し色々と試してみよう。

 

こちらは同じ場所でのフィルターの有無の違い。

f:id:watnainai:20210421002755j:plain

f:id:watnainai:20210421002757j:plain

 

フィルター有りだと光が強調されて、まず中央に視線が行って、そこから上にシフトする感じの写りになる?良く分かりませんけど。

 

光芒の角度は可変できます。

f:id:watnainai:20210421003219j:plain

f:id:watnainai:20210421003221j:plain

うん。この場合は45度くらいの設定が良いですね。

 

北西の人気撮影エリアでは注意書きの看板が立てられていました。

f:id:watnainai:20210421003942j:plain

何かこういう書き方って日本人だよな~と。

どこからが混雑なのかは人によってとらえ方は変わってくるし、その判断をそれぞれの撮影者に委ねて、園側はそれ以上関与しませんって感じ?

いっその事「園内三脚・一脚禁止」ってして入り口で預かるか車に置いてくる等の対応を取らされる方がまだましだと思う。

激混みの状況を見てきている私としては、最近のAFPは混雑していないと言いたい。

 

話を元に戻してクロスフィルター。

蛍光管は太い光芒を出してくるようだ。こちらは意図的に90度の設定。45度だとちょっと煩くなりすぎました。この辺りは今後もTPOに応じて使分けていく感じになるのかなと思いました。

f:id:watnainai:20210421003848j:plain

 

こちらの左上の強い光は昨年まではなかったのに、今年から設定されたようです。

中々に主張の激しい光芒となりました。

f:id:watnainai:20210421010451j:plain

 

二本の大長藤の場所では土の部分にアクセントができて、こちらも良い感じかなと思いました。

土だけだと味気ない感じになると私は思っています。

f:id:watnainai:20210421010854j:plain

 

その他、滝シリーズ2枚。

f:id:watnainai:20210421011603j:plain

f:id:watnainai:20210421011602j:plain

 

最後は白藤棚の画角違いを2枚。

f:id:watnainai:20210421012518j:plain

f:id:watnainai:20210421012519j:plain

 

強風の日はリフレクションがダメダメなので、遊び倒した撮影で楽しんでしまうのも有りだと思います。

また、日没後は急激に気温が下がって、日中の装いだと寒い時がありますので来園を考えている方はお気を付けください。

実際、日曜日は春物の薄手のトレンチコートを着ていた女性は震えていました。

私は季節感を無視した冬物のダウンを着ていたので温かかったです。

【一眼レフ】館林市にあるつつじが丘公園で満開のツツジを見てきた

4/15のテレワークをしていた時に、テレビで流れてきた「つつじが丘公園の満開情報」。

聞いたことはあったけれど、行った事はなかったのでちょっと興味はありました。

時期こそ違うものの、近くまでは以前に行った事があります。

 

 

館林の知り合いに聞いたところによると、今年のこいのぼりの里まつりは中止になったらしい。

 

さて、ツツジですが日曜日の強風快晴の日に行ってきました。

車を停めた運動公園の駐車場から中々な距離を歩かされたが、本来はこっちに停めるのではなくもっと最寄りの駐車場に停めるのが一般的らしい。

 

つつじが咲いている場所の近くまで来ると、コロナ対策の看板が。

f:id:watnainai:20210420225427j:plain

 

右を見るとテントに人だかりが。。。

f:id:watnainai:20210420225627j:plain

 

券売機で630円の券を買わないとツツジは見られないらしい。

ツツジってお金を払ってまで見るものなのか?という疑問はあったが、ここまで来て630円の為に退散するのも、良い年したおっさんとしては情けないので支払った。ちなみにこの630円は見頃価格らしい。

f:id:watnainai:20210420225850j:plain

 

ここは見所ポイントではないが、公園の斜面にも大量のツツジが植えられていた。

12時過ぎに行ったのだが太陽が真上から照らしていて、撮影がきつかった。

ハレーションではないのだろうけど太陽光が花弁で反射して、それがまた結構キツイ光となって撮影しづらい感じ。

f:id:watnainai:20210420230030j:plain

 

この光景いいなと思っても、太陽の微妙な位置でボツになった写真が多数。

そういう困った時は、とりあえずボカしとけの精神。

f:id:watnainai:20210420230624j:plain

f:id:watnainai:20210420230634j:plain

 

園内を西から東に向かって歩いて、ようやくメインスポットにたどり着く。

そして見つける、もう一つの入り口と駐車場。

こっちが正解だったのであろう。

f:id:watnainai:20210420230757j:plain

 

園内マップも載せておきますが、私は写真左下の総合事務所の所から歩いてきました。

そして、その総合事務所までも結構な距離を歩いてきました。

f:id:watnainai:20210420230922j:plain

 

観光案内所の隣には喫煙場所もあります。

ライターを忘れてきた私はお土産物屋で買おうと思いましたが、売っていないようなので諦めました。

 

かなり昔からツツジの名所らしい。

ツツジって感じで書くと躑躅だったのか…読めない。

f:id:watnainai:20210420231011j:plain

 

ここが絶対に見ておくべき場所であろう。

f:id:watnainai:20210420231231j:plain

 

イロトリドリノツツジ

ここまで多色のツツジを見たのは初めてかもしれない。

フラパーで見るときは単色、もしくは二色程度までがまとまって植えられている感じ。

f:id:watnainai:20210420231556j:plain

f:id:watnainai:20210420231611j:plain

 

赤いじゅうたんの撮影場所は良かったですね。

f:id:watnainai:20210420232115j:plain

f:id:watnainai:20210420232118j:plain

 

他には芝生に座ってスズメとか撮影していたけど、そのデータはまだPCに取り込んですらいないので、またの機会に見てみよう。

 

つつじが岡公園

一度行けばお腹いっぱいというのが個人的な感想です。

天気と都合が合えば、毎年行きたい!って場所にはならなかったです。

 

つつじが丘公園については公式ページにて詳細なアクセス方法などをご確認ください。

館林市 つつじが岡公園

【一眼レフ】今季初の藤の花を撮影しにAFPへ行ってきた(2021年3回目)

昨年は開催されなかったあしかがフラワーパークの大藤まつり。

2年ぶりの藤です。

4/16時点では特に休業の通知もなく、営業はされ続ける見込みです。

しかし、状況は変わり続けるので、あしかがフラワーパークに行こうと計画されている方は公式ページを確認してから訪れることをオススメします。

私は4/15から大藤まつりが開催されるので、ライトアップも4/15からだと思っていましたが、ライトアップは4/17からのようです。

やっちまった…

17時に入園して18時に閉園になるこの気持ちが分かりますか?私は今回分かりました。

料金は15日の時点で1500円でした。これをキャッシュで支払っていたと思うと、どこにこの悲しみをぶつければいいのか分からなかったと思います。作って良かった年会パス。

あしかがフラワーパーク 【 公式サイト 】

 

因みに今回が三回目ですが、前回の記事は1回目です。

 

幻というほどでもありませんが、幻の2回目がありました。

入園して5分で退場するという幻。

そして、昨年はコロナで見られなかった藤なので、年パスの更新をしませんでしたが今年は奮発して更新!1年以上開くと、更新ではなく新規扱いになるようです。お値段が5800円程かかるので要注意

 

さて、肝心の藤ですが東の正門から入ってすぐに植わっている藤を見る限り、やはりまだまだですね。

f:id:watnainai:20210416004254j:plain

 

アップにしてみても見ごろはまだまだ!

f:id:watnainai:20210416004321j:plain

f:id:watnainai:20210416004338j:plain

 

クソみたいな構図のうす紅の棚ですが…

f:id:watnainai:20210416004613j:plain

 

本当に人が居ませんでした!

f:id:watnainai:20210416004611j:plain

 

ツツジも良い感じでしたが、今回の目的はツツジではない。

f:id:watnainai:20210416005037j:plain

 

やはり、大長藤でしょ!全然咲いてなくて、禿げ散らかしている感じでした。

f:id:watnainai:20210416005116j:plain

 

園内北西の例の撮影スポットもまだまだ。むしろ、ライトアップされていない曇り空は…。うん、微妙!

f:id:watnainai:20210416010213j:plain

 

ポピーと八重桜はそこそこに見頃。

f:id:watnainai:20210416010444j:plain

f:id:watnainai:20210417003943j:plain

 

f:id:watnainai:20210416010624j:plain

f:id:watnainai:20210416010625j:plain

 

白藤のトンネルはスッカスカどころか、見頃自体もまだまだ。

f:id:watnainai:20210417004411j:plain

f:id:watnainai:20210417004416j:plain

 

しかし、こちらを撮った時は本当に思いました。

「人が写ってねぇ…」

f:id:watnainai:20210417005712j:plain

 

ここまで人が写っていないカットも私のフォルダの中では中々ないと思います。

 

うす紅橋ももう一声!

f:id:watnainai:20210417005905j:plain

 

過去の記憶で八重藤って見ごろに撮った覚えがないけど、これも見ごろとしてはまだまだであろう。

f:id:watnainai:20210417010324j:plain

 

毎度のことながら雑ですが、4/15のAFPの様子でした。

年パスを作ったので4月中は18日、24日、28日で訪れようと思っています。

赤いストラップのNikonのカメラを担いで走り回っている人が居たら、それは私です。