カメラと酒、時々クルマ

NikonのD750とD500を使って写真を撮って遊んでいます。最近は自宅周辺(300km圏内)をウロウロしています。

【一眼レフ】(特別編)”2020 AUTOBACS SUPER GT Round8 たかのこのホテル FUJI GT300km RACE”に行ってきた

2020年、コロナのせいで無観客で開催されてきたSuper GTも10月のRound5から有観客開催となり、その後の鈴鹿、茂木と続いて今回のRound8の富士が最終戦となりました。

3回も観戦に行けて、嬉しい限りです。

 

さて、いつもですと(その1)から始まりますが、今回は特別編からです。

練習走行・予選・決勝とちょっと確認しきれる枚数じゃないので、今回はこちらから。

"Thanks for ALL" Yoshi MUROYA × LEXUS Special Flight

 

1枚目

f:id:watnainai:20201130001032j:plain





今回は寝坊することなく9時から活動開始できたので、前日のうちにチェックしていた撮影スポットで待機…ではなく、焼きそば食べてました。

焼きそば食べていたら開始直前だったので、カメラ・脚立・食べかけの焼きそばを持って撮影スポットまで走りました(笑) 途中で焼きそば落とさなくて良かった。。。

 

始まってからは全力で撮影。

約450枚。

この枚数だったら帰宅後に確認してブログ用にチョイスもできると思ったので、今回の特別編を書く運びとなりました。

 

似たような写真が続きます。

2枚目

f:id:watnainai:20201130000531j:plain

 

3枚目

f:id:watnainai:20201130001122j:plain

 

続いてがアクロバティック中。

4枚目

f:id:watnainai:20201130001211j:plain

こちらはなんか右側の翼の一部が緑色になってたんですよね。光の反射の関係だと思っていますが、良く分からない。

 

5枚目

f:id:watnainai:20201130001328j:plain

 

6枚目

f:id:watnainai:20201130001705j:plain

 

長いスモーク関係が2枚。

7枚目

f:id:watnainai:20201130001447j:plain

 

8枚目

f:id:watnainai:20201130001509j:plain

 

各メーカのスポーツカーとの共演もありました。

私は1枚に収められなかったので車だけ。

先頭のLC500の運転手はトヨタ自動車の豊田社長です。助手席はSuper GT運営企業の坂東会長。

f:id:watnainai:20201130001801j:plain

f:id:watnainai:20201130001919j:plain

 

中央のBMW M8はAudi R8にカマ掘って、ボンネットが浮き上がっていました。修理代いくらだろう。

この時のM8のドライバーも涙で前が見えなかっただろうな…。

f:id:watnainai:20201130002112j:plain

 

さて、引き続きフライトです。

室屋さんの表情まで見えるショット等。

9枚目

f:id:watnainai:20201130002252j:plain

 

10枚目

f:id:watnainai:20201130002333j:plain

 

11枚目

f:id:watnainai:20201130002410j:plain

 

最後は建物と絡めたものなどを。

12枚目

f:id:watnainai:20201130003051j:plain

 

13枚目。

燃料切れに ご注意を。(意味深)

f:id:watnainai:20201130003136j:plain

 

14枚目

f:id:watnainai:20201130003524j:plain

 

15枚目

f:id:watnainai:20201130003600j:plain

 

16枚目

f:id:watnainai:20201130003640j:plain

 

さて、ここまで読んでくださった方は何枚目が良いと思いましたか?

私は選びきれなかったので、だらだらと載せてしまいました。

30日の夜からレースの写真を確認し始めます。

うん。その前にSDカードからコピーだな。

【一眼レフ】箱根に紅葉やその他諸々を見に行ってきた

11/22(日)、当初の予定では那須に居るはずだった。

気が付いたら箱根に居た。

何を言っているかわかr(略

 

数日前までは那須に行くはずだったから、那須のMAPを叩きこんでいた。

そこから行き先が箱根に変わったので、箱根のMAPを叩きこんだ。

これは愚痴ではない。

これは愚痴ではない。

大事なことなので、2回言いました。

叩きこんだと言っても全てを覚えられるほど優秀ではない。

ざっくりと覚える程度だ。

行き先は箱根と言っても強羅地区だ。

強羅地区。箱根湯本経由で行くか、御殿場経由で行くか。

選ばれたのは箱根湯本経由でした。

御殿場経由だと東名道の集中工事の影響が良く分からなかったので…。

 

結果は行きで5時間かかった。

佐野藤岡ICから厚木PAまでは予定通りの2時間半。

厚木PAから小田厚道路の箱根口ICまでも順調で50分くらいだったと思う。

箱根口ICから箱根湯本までが90分くらいか…。

こういう情報は毎回書いているけど、どういう時期にどれくらい時間がかかったかを見返せるので個人的には重宝しているメモとなる(笑)

 

圏央道では下図の赤丸辺りで事故りそうになった。

f:id:watnainai:20201124221904p:plain

 

私は追越車線を走っていた。画像の丁度アルファードの辺りだ。

f:id:watnainai:20201124222051p:plain

 

走行車線を走っていた軽自動車を緩やかな右カーブで抜こうとしたとき、軽自動車が自車の車線に寄ってきた。つーか、ラインを完全にはみ出した。車間距離が若干はあったものの、速度差を考えたら確実にカマを掘ってしまう。私はクラクションを鳴らしながら、理想的な走行ラインから外れるように右にハンドルを切った。恐らく、事故りやすいポイントなのだろうと思っている。だから右側にも十分な広さの路肩があるのだと解釈している。クラクションのおかげで相手の車両は左側にハンドルを切ったようでカマを掘る羽目には至らなかった。

追い越し様に相手の運転手の顔を見た。

どんな奴が運転しているのか確認するためだ。どういう車でどういう人が下手糞な運転をしているかは何となくながらも記憶で統計を取っている。

女性が驚いた顔でこちらを見ていた。

驚いたのはこっちだ、バカヤロー!

何で車線の真ん中を走るという簡単なハンドル捌きもできない人が運転しているのだろう。

車線の真ん中を綺麗に曲がっていくと気持ちいいぞ。

ここまでで約1000文字になってしまった…。

 

さて箱根ですが、まず初めに向かった場所が強羅公園

箱根の観光 箱根強羅公園 (季節の花、点茶体験、陶芸・吹きガラス体験、植物館)

 

適当なコインパーキングに入った。先に入ったアルファードが狭い駐車場内で何十回と切り返していた。

その攻め方じゃ絶対に入らないぞって感じだった。運転手も気づいたのか、攻め方を変えてようやく停められた。

下手糞と声に出しながら車内から5分くらい見ていた。

私はさっそうと突き当りの駐車場所に頭から突っ込んだ。

ここの坂を上った先は非常に狭いから大きい車は気を付けた方が良い。

f:id:watnainai:20201124224731p:plain

f:id:watnainai:20201124224836p:plain

 

強羅公園では期待するものがなかった。

ドン( ゚д゚)マイ

温室館にはカブトムシが居た。

f:id:watnainai:20201124224950j:plain

 

パイナップルも植わっていた。

f:id:watnainai:20201124225034j:plain

 

ただ、ボカしてみた。

f:id:watnainai:20201124225105j:plain

 

クリスマスに向けた準備をしているようだった。見てはいけないものも見てしまった気がする(準備中の各種道具類)。

写真はたぶんポインセチアであろう(クリスマス 赤い葉 で、ググった)。

f:id:watnainai:20201124225326j:plain

 

噴水が見える辺りがかろうじて秋っぽさを感じた。

f:id:watnainai:20201124225456j:plain

 

四季桜が咲いていた。犬山城で見て以来だろうか。

f:id:watnainai:20201124230015j:plain

 

お目当てのものもなく、ちょっと失敗だったということで意見は一致した。

ここはクラフトハウスを楽しむところであろう。

後は他の時期に来た時にはどういう様子なのか気になる。

 

続いていったのが徒歩で行ける場所の箱根美術館だ。

箱根美術館

 

ここは良かった。

こういうのをまずは撮ってみたかった。

f:id:watnainai:20201124230434j:plain

 

色とりどりの紅葉は特によかった。

f:id:watnainai:20201124230538j:plain

f:id:watnainai:20201124230557j:plain

f:id:watnainai:20201124230614j:plain

 

こういう庭園も嫌いじゃないぞ。

f:id:watnainai:20201124230703j:plain

 

そして、撮りたかった一枚がこちら。

f:id:watnainai:20201124230755j:plain

 

人が多くて、これが精いっぱいだった。

仕方ない。

本当はもう少し広角(24mm~35mm程度)で撮影したかったが、58mmで撮影した。

ここで食べた和菓子と抹茶は美味しかった。

f:id:watnainai:20201124231212j:plain

 

紅葉は連れの人が持ってきた。

道中熱心に拾っていて、髪飾りにするのかと思ったのはおっさんの思考だ。

良い一枚になった。

 

最後に向かったのが車で北へ少し走った先にある箱根ガラスの森美術館

ホーム | 箱根ガラスの森美術館

 

ここは最高だった!

f:id:watnainai:20201124231616j:plain

f:id:watnainai:20201124231659j:plain

 

まずは庭園。

クリスタルガラスツリーは一度見ておいた方が良いと思う。

って書いたものの、全景の写真がなかった(笑)

ドアップの一枚。

f:id:watnainai:20201124231957j:plain

 

ここで思いました。

クリスタルツリーの撮影って難しくない?って。

間接照明で輝かせているから、ダイレクトに撮影しても良さが伝わりづらい…。

 

クリスタルガラスススキでボカしたツリー。

f:id:watnainai:20201124232108j:plain

 

クリスタルでできたトンネルもあったけど、これは遠景で収めるのが正解だろうか。

中に入っても天井が高く良い感じに撮れる気がしなかった。

f:id:watnainai:20201124232322j:plain

f:id:watnainai:20201124232326j:plain

 

トンネルの中から見たツリー。

f:id:watnainai:20201124232538j:plain

f:id:watnainai:20201124232539j:plain

 

ツリーをぼかすと綺麗な玉ボケの集合体になって良い感じ。

今の私だとこれくらいしか思いつかなかった。

f:id:watnainai:20201124232915j:plain

 

バラの庭園。

右奥に椅子があって、そこで撮影するのが流行っているようです。

f:id:watnainai:20201124233241j:plain

 

庭園内の水が止まっていた噴水。

f:id:watnainai:20201124233316j:plain

 

ヴェネチアン・グラス美術館は確実に見ておくべきポイント。

f:id:watnainai:20201124234130j:plain

 

なんかすごい。繊細(語彙力)。

f:id:watnainai:20201124234413j:plain

 

使い道がありそうでなさそうなキャンドルスタンドという感想は自分の部屋が庶民的すぎるからであろう。

f:id:watnainai:20201124234506j:plain

 

左上のお皿ができるまでの過程。最後にグイっと開くって書いてあったけど、イメージが湧かないw

f:id:watnainai:20201124234622j:plain

 

シャンデリアと天井が印象的な部屋。

f:id:watnainai:20201124234728j:plain

f:id:watnainai:20201124234729j:plain

f:id:watnainai:20201124235346j:plain

 

真正面じゃなくて、割れ目の奥側が見えてしまっている…。

失敗だなぁ。

もう一回撮りにいかないとなぁ…。

f:id:watnainai:20201124234915j:plain

 

使いづらそうな器。

f:id:watnainai:20201124235102j:plain

 

あ○らーっく!

f:id:watnainai:20201124235149j:plain

 

その他の展示物。

f:id:watnainai:20201124235222j:plain

f:id:watnainai:20201124235235j:plain

f:id:watnainai:20201125000713j:plain

 

しっかり撮っておいてっていわれた記憶はあるけど、どう撮ればいいのか迷って撮った鏡。

f:id:watnainai:20201124235532j:plain

f:id:watnainai:20201124235549j:plain

f:id:watnainai:20201124235607j:plain

 

これは夢に出てきたら、怖い。

f:id:watnainai:20201125004848j:plain

 

2階からみたシャンデリアと天井。

個人的には好きな構図。

f:id:watnainai:20201124235730j:plain

 

帰りは国道138号を北上して須走ICから中央道にアクセスして帰宅。

談合坂SAで食べた豚の生姜煮は美味しかったけど、圧倒的な白米不足だった。

おかずが余ったwwwビールが欲しくなった。

談合坂SAでの休憩と小仏渋滞にはまりつつ4時間半で帰宅。

 

写真の比率からも分かるように、最後の美術館が一番楽しかった。

なんだろう。ボーっと見てられる。

何で見てられるのか考えたんですけど、焼き物のお猪口とか集めるのが好きだし、輪島塗の工房とかもずっと見ていられるから、工芸品を見るのが好きなんだと思った。

今更ながらに思いました(笑)

 

…。

 

輪島塗の工房兼販売所に行きたくなってきたぞ。

一泊二日で1200kmか…。

ギリだな。

【一眼レフ】D1GP 2020 EBISU DRIFTの第6戦を観戦してきた

まず初めに…。

東北道上りの安達太良SAのトイレで私の財布を拾って届けてくれた人、本当にありがとうございます!

免許証・クレジットカード・キャッシュカード・現金、その他諸々綺麗に残っていて非常に助かりました。

 

皆さん、トイレの個室での忘れ物には注意しましょう。

地獄を見ることになります。

詳細は最後に。

 

さて、D1GPです。

8月のエビス南コース以来の観戦です。

今回もエビスサーキットですが、初開催となる西コースです。

土日の2連戦だろうなと勝手に思っていて、福島駅前にgotoトラベルで宿をとったのもいい思い出。

実際は日曜日のみの開催でした。

それだったら、土曜日泊まらなくてもいいじゃないかと思いました。

しかし、初開催なので土曜日も会場に行って、どういう感じなのかを下見しておくことも大事です。

 

土曜日は自由観戦ができたので、会場内をうろついていました。

写真の真ん中に見えるスタンドが私の指定席になります。

f:id:watnainai:20201119215912j:plain

 

色々な席からコースを見て思いました。

「あ、これ撮影難しい…」

土曜日はD1 LIGHTSが開催されていましたが、撮影もそこそこに。

一枚だけ良い感じの追走がありました。

f:id:watnainai:20201119223852j:plain

 

TOYO TIRESブースでは今期初開催となるトークショー

f:id:watnainai:20201119220458j:plain

 

 

TONEのブースではドリフト仕様のヤリスが。

f:id:watnainai:20201119220647j:plain

 

URASブースではR34の展示が。

f:id:watnainai:20201119220729j:plain

 

そんなこんなで、15時半頃にホテルのチェックインの為に福島駅の方へと向かいます。

ノンビリと走って17時前にはホテルに着きましたが、駐車場を通り過ぎ周辺の一通道路を一周するなど。

ホテルの立駐ですが…XV入らなかった…。

ホテルの立駐の各サイズが高さ1550mm・幅205mm・長さ5300mmにたいして、

XVのサイズが高さ1550mm・幅1800mm・長さ4485mmとなっておりまして、

高さがジャストすぎて係の人からNGが出ました。

過去にギリギリを攻めた人もいるらしいですが、内部で回転板が回転した際に屋根をガリガリっといってしまった事例があるそうす。

福島県庁が近くだったのでそちらを紹介してもらいましたが、ホテルの駐車場が900円で県庁の駐車場が700円だったので、少し歩くけど安いに越したことはないと前向きにとらえます。

 

夜は居酒屋を18時で予約済でした。

伺ったお店がこちら。鳥安さん。

鳥安 (とりやす) - 福島/焼鳥 [食べログ]

 

同時刻に予約が被っていたようで、電話した際に「すぐに数品出せるように準備しておいても良いですか?」という嬉しい気づかい。

手羽と竜田揚げと鶏ささみのタタキが出てきました。

他には焼き鳥5本盛+αを食らったりして、20時に退店。

メニューは少な目でした。一人だったので鍋(2人前~)には手を出せません(笑)

 

二軒目は日本酒が飲みたいなぁと思っていたので検索しました。

藤むらさん。

藤むら - 福島/居酒屋 [食べログ]

 

鳥安さんから徒歩1分だったので、20時退店の20時予約でも間に合います!

こちらでは目的通り日本酒を頂きます。料理は食べすぎたせいか万願寺唐辛子焼を食べるので精いっぱい。

始まりは福島のお酒から。

冩樂 播州愛山 純米吟醸

f:id:watnainai:20201119222254j:plain

 

お久ぶりの新政。あまり好みじゃないかもしれない。

新政 R-type

f:id:watnainai:20201119222402j:plain

 

あれ?なんか面白いのが黒板に書かれているぞ?!

十四代 双虹・龍月

f:id:watnainai:20201119222514j:plain

 

〆は福島の酒で。

奈良萬 純米生酒 中垂れ

f:id:watnainai:20201119222650j:plain

 

この後にとんこつラーメン食べました。

時間にして26時でした。

はっきり言って、記憶がありません。

通信履歴から記憶を探し出してます。

 

翌日。

寝坊した!

起きたら10時だった。

何のためにサーキットの近くに宿をとったのか分からない。

現着は12時だった。

単走が終わっていた…。

 

因みに土曜日も予定より80分程寝坊している。

 

踏んだり蹴ったりだ。

自業自得ですけど。

 

寝坊してしまったのは仕方ないので追走から観戦を始めます。

因みに単走優勝したのは #77 松山北斗選手(GR SUPRA)らしい。

うん。見てないからね。

f:id:watnainai:20201119224109j:plain

f:id:watnainai:20201119224113j:plain

f:id:watnainai:20201119224117j:plain

 

#70 横井昌志選手(TEAM D-MAX S15 SILVIA) vs #4 小橋正典選手(Team ORANGE SILVIA S15-2JZ)

f:id:watnainai:20201119224444j:plain

 

#78 上野高広選手(VERTEX 超EDGE LEXAS RCV SAILUN) vs #9 末永直登選手(Team ORANGE SILVIA S15-2JZ)

f:id:watnainai:20201119224735j:plain

 

#87 齋藤太吾選手(GR SUPRA)

f:id:watnainai:20201119224909j:plain

 

これとか、運転席から見た景色ってどうなっているんでしょうか。

f:id:watnainai:20201119225000j:plain

 

#31 蕎麦切広大選手(SHIBATA INFINITY Q60)

f:id:watnainai:20201119225105j:plain

 

ちょっとピンボケしてますけど、良く接触しないよなと思いながら見た1枚。

#18 日比野哲也選手(SunRISE hibinojuku SAILUN S14) vs #15 植尾勝浩選手(VALINO VR15)

f:id:watnainai:20201119225426j:plain

 

そして、追走優勝したのが、#4 小橋正典選手(Team ORANGE SILVIA S15-2JZ)

 エビスサーキット開催何連勝や…。

f:id:watnainai:20201119225519j:plain

 

写真枚数が普段より少ないんですよ。

土曜日に「どうやって撮ればいいんだ…」ってなってしまって、心が折れたので。

イメージをしっかりと持てずに日曜を迎えてしまったので、取り合えず撮りました!って感じの写真ばかり。

今でも「あーやって撮ればよかった」っていう反省ができていません。

まだ迷ってます。

あと2回通ったとしても、迷っている気がします。

 

さて、冒頭のお財布の件です。

日曜日の大会も終わって、帰路に着くじゃないですか。

腹ごしらえの為に安達太良SAに寄るじゃないですか。

トイレに行くじゃないですか。

そこで財布を置き忘れるじゃないですか。

気付かずにノンストップで佐野に戻るじゃないですか。

最寄りのコンビニでビールを買おうとするじゃないですか。

ここで、財布がないことに気が付く。

直ぐに安達太良SAに電話すると「高速道路交通警察隊福島分駐隊に連絡済なので、そちらに連絡してください」って言われ番号を教えてもらい、そこに電話する。

安達太良SAから未回収だったので、売店預かりにしてもらって…

私は20時過ぎから安達太良SAまで向かいましたよ!

二本松ICを降りて、転回して即高速に乗った時は悲しくなりました(笑)

財布の中に免許証が入っていたので、回収しに行く間は不携帯でしたが「福島県警が仕方ない」って言ってくれたので向かいました。向かう途中に栃木県警に捕まるような事態になったら大惨事になっていたと思います。何事もなくて良かった…。

郵送の場合はお役所手続きのため、一週間はかかると言われました。

 

ぶっちゃけ、クレカとキャッシュカードと免許証が無事なら現金は無くなってても良いと思いましたが、本当にいい人に拾われたと思います。

良くトイレに「置き忘れに注意」の貼り紙がありますが、忘れる人もいます。

すっきりして個室から出る際には今一度棚を確認してから出ましょう。

今回は佐野~安達太良SAまでが170kmくらいだったので良かった方だと思います。

距離ガバ勢なので「すぐそこ!今すぐ回収しに行く!」ってなりますが数100kmの距離だったら心折れてました。

 

寝坊、寝坊、財布の置き忘れ!と中々素敵な週末でした…。

【一眼レフ】撮影してきた!2020 AUTOBACS SUPER GT Round7 FUJIMAKI GROUP MOTEGI GT 300km RACE

今年もやってきました、Super GTのもてぎ戦。

有観客が始まった10月の富士、鈴鹿と来て、11月のもてぎ。

普段は安くチケットを購入できていたんですが、今年は期待ができそうになかったので、10/10のモビリティランドでのチケット販売直後からの争奪戦に参加しました。

狙うチケットはグランドスタンドA席の3人並び。

結果、GETはできたもののきつかった…。

3枚買うのは容易だけど、3人並びってのが難易度を上げた。

今年も両親が行くと言った。

コロナのせいで、最後に遠出したのが50km程離れた親戚の家だった。

11/6。

仕事終わりで実家に向かう。

可愛いよ。実家の亀。

f:id:watnainai:20201111222506j:plain

f:id:watnainai:20201111222524j:plain

 

黒い亀が30年選手でクリーム色の模様がついた亀が8年選手かな。

工事現場で発掘された亀と、北海道の祖母が老人ホームに入った際に引き取られた亀。

可愛いです。黒い方はフローリングで散歩させると、誰かが歩いた後をついて回ります。臆病なのに(笑)

 

臆病な亀の威嚇のポーズがこちら。

f:id:watnainai:20201111223308j:plain

 

四足立ち。

亀の可愛さを見てきたので、すっぽん料理なんて食べられません。

 

話戻って、Super GT

予選・決勝日共に、天気は良かったです。写真はグラスタAの指定席から。

f:id:watnainai:20201111223758j:plain

 

当然、ビールは美味しい。(50mmの単焦点レンズで撮影)

f:id:watnainai:20201111225031j:plain

 

公式練習はグラスタから観戦。

f:id:watnainai:20201111225804j:plain

f:id:watnainai:20201111225821j:plain

f:id:watnainai:20201111225836j:plain

f:id:watnainai:20201111225853j:plain

f:id:watnainai:20201111230002j:plain

f:id:watnainai:20201111230006j:plain

f:id:watnainai:20201111230009j:plain


シャッター速度を頑張って遅くしてみましたが、自分の今の実力では1/20秒が限界ですね。

Twitterでは上手い人がたくさんいるので、そういうのを撮りたいと思っていますが…精進あるのみ。

 

予選もグラスタで観戦して予選日は終了。

f:id:watnainai:20201111230230j:plain

 

決勝日。

天気は良い。

f:id:watnainai:20201111230434j:plain

 

相変わらず、ビールは美味い!!!(85mmの単焦点レンズで撮影)

f:id:watnainai:20201111230319j:plain

 

決勝日の名物イベントといえば、松島基地から飛んでくるF-2B戦闘機。

アフターバーナーは鉄板中の鉄板。外せませんね。

f:id:watnainai:20201111230824j:plain

f:id:watnainai:20201111230836j:plain

f:id:watnainai:20201111233034j:plain

 

帰宅後に写真を確認していたら、二機のランデブー中に白い変なのが映り込んでるなーと思いながら見ていたけど、はるか上空を飛ぶ民間機でした。

f:id:watnainai:20201111230849j:plain

 

超接近の二機。

f:id:watnainai:20201111233019j:plain

 

シンプルな一枚。

f:id:watnainai:20201111233026j:plain

 

 

さて、決勝です。

決勝はS字コーナーから観戦・撮影。

f:id:watnainai:20201112010810j:plain

 

オープニングラップはA90 Supraの先導から。

f:id:watnainai:20201111233824j:plain

 

 

GT500クラスの写真から。

37号車がいきなり2枚。

写るサイズが違うだけでも、だいぶ変わって見えますね。

私は2枚目派です。大きく写っている分、ダイナミックな感じがします。

f:id:watnainai:20201111234526j:plain

f:id:watnainai:20201111234537j:plain

 

 

NSXからは16号車と8号車。

f:id:watnainai:20201111235011j:plain

f:id:watnainai:20201111235058j:plain

 

GT-Rは23号車と12号車。

S字コーナーでの流し撮りがしたかったんだ!

f:id:watnainai:20201111235933j:plain

f:id:watnainai:20201112001234j:plain

f:id:watnainai:20201112003147j:plain

 

 

最後に19号車。サイドバイサイドから、シンプルな構図まで。

f:id:watnainai:20201112000030j:plain

f:id:watnainai:20201112000039j:plain

 

 

他にはレース開始直後の接触シーン。

f:id:watnainai:20201112000807j:plain

f:id:watnainai:20201112000810j:plain

f:id:watnainai:20201112000813j:plain

f:id:watnainai:20201112000829j:plain

f:id:watnainai:20201112000831j:plain

 

「うわぁ~お」と思いながら見てました。

 

続いてがGT300

スバル車に乗っているので、GT300は61号車推し!

f:id:watnainai:20201112001209j:plain

 

Audi R8 LMSからは21号車と33号車。

f:id:watnainai:20201112004057j:plain

f:id:watnainai:20201112004059j:plain

 

Mercedes AMG GT3からは4号車。

f:id:watnainai:20201112005214j:plain

 

A90 Spuraの52号車。

f:id:watnainai:20201112005247j:plain

 

PORSCHE 911 GT3 Rの25号車。

f:id:watnainai:20201112005331j:plain

 

LEXUS RC F GT3の244号車。みきゃん可愛い!

f:id:watnainai:20201112005533j:plain

 

LOTUS EVORA MCの2号車。

f:id:watnainai:20201112005609j:plain

 

21周目だったかにSCが入ったので、場所を移動してグラスタへ。

折角取ったいい席だったので、残りの周回はそこから見ようと思いまして。

目の前に大型ビジョンもありましたので、非常に見やすかったです。

 

ホームストレート入口を撮影した一枚。

12号車が目の前の38号車、19号車、14号車をラスト数周で抜いた時は何が起こったんだろうと思いました。Supraに…。

f:id:watnainai:20201112010454j:plain

 

GT500で優勝したのが8号車のARTA NSX-GT。

2位に46秒差のぶっちぎり優勝。

f:id:watnainai:20201112010623j:plain

f:id:watnainai:20201112010624j:plain

f:id:watnainai:20201112010626j:plain

 

GT300の優勝はリアライズ 日産自動車大学校 GT-R

f:id:watnainai:20201112010957j:plain

 

表彰式の様子。もてぎで表彰式まで居たのは初めてかもしれない。

f:id:watnainai:20201112011042j:plain

f:id:watnainai:20201112011043j:plain

 

コロナのせいで観客が少なく、駐車場から出るときの混雑が例年より少ないだろうと思っていたので、のんびり見ていました。

 

帰りに休憩で寄った道の駅。

今、流行りの例のコスプレがありました。

f:id:watnainai:20201112011303j:plain

f:id:watnainai:20201112011235j:plain

 

ちょっと写真枚数が多くなってしまった更新ですが、複数回に分けている暇もなかったので一回でまとめ上げました。

最後まで見ていただきありがとうございます。

【ドライブ】運転の練習をしに、峠を二つ超えてきた

居酒屋で飲んでから、競馬新聞を購入し天皇賞(秋)の予想をして寝たのが3時の土曜日。

結果は見事に惨敗。

 

日曜日はちょっくら足尾の方にドライブに行こうと計画していた。

起きたら12時少し前。

サクっと準備をして、車を走らせる。

ルートは毎度御馴染みの粕尾峠超え。

 

 

天気も良かったので、粕尾峠に向かう車は多かった印象。

数台の車列を作って走っていました。

そして、対向車もそこそこに居た印象。

道幅も狭くすれ違うのも一苦労。

車幅感覚を養うのに最高!

っていう車の練習です。

 

途中はすっ飛ばして、草木橋

f:id:watnainai:20201102002858j:plain

 

あまり綺麗な紅葉ではなかった…。

 

もう一つの峠に向かう途中の藤間駅にて。

わたらせ渓谷鉄道の車両を始めて見たかもしれない。

f:id:watnainai:20201102003100j:plain

f:id:watnainai:20201102003103j:plain

 

もう一つの峠が舟石峠。

こちらも前回訪れた場所。

f:id:watnainai:20201102003256j:plain

 

舟石峠に向かう途中で対向車が来たときは終わったって思いましたね。

ヘアピンカーブを越えた直後で私がバックするわけにもいかず、ぎりぎりまで寄せたけど相手はわナンバーで中々残りのスペースに入り込んできてくれないし。。。

 

前回は何も見えなかった峠の景色。

今回は見えました(笑)

f:id:watnainai:20201102004140j:plain

 

舟石峠から一度反対側に降りて、再度上ってくるという頭のオカシイことをしていましたが、その途中で大量に見かけたのがサル。

f:id:watnainai:20201102004649j:plain

 

サル…。

f:id:watnainai:20201102004720j:plain

 

58mmの単焦点しか持ってなかったので、撮影は無理でした。

やつら速攻で逃げる。

やはり望遠レンズは持ち歩くべきなのか。

 

また、中々なボディサイズで立派な角を生やしたシカにも遭遇しましたが、さすがにビビリました。

「あ、でけぇ…。これで突進されたら俺終わる。」

ドラレコに素晴らしい映像が残されていると思いましたが、残ってなかったwww

高画質録画設定で8GBの容量だと、大した時間の録画ができないようだ。

車用にSDカードをポチるか。

【一眼レフ】AFPで2020年1回目のイルミネーションを撮影(2020年5回目)

AFPとは何ぞやって思われるかもしれませんが、あしかがフラワーパークです。

f:id:watnainai:20201029231836j:plain

 

Ashikaga Flour Park

略してAFP!

2020年のイルミネーションは10/17から始まりまして、いつ行こうか考えていた結果10/29となりました。

かれこれ4年で20回ほど行っているので庭ですよ。庭!

園内マップは紙で見るものじゃない!脳内で再生するものだ!

 

例年、空いている平日にしか行かないイルミネーションなんですが、今年はコロナの影響のせいかさらに空いている印象を受けました。

なんてったって駐車場が東門の目の前になったので。

また、毎年仕事終わりに行っているので、本日の服装もスラックスにワイシャツの仕事スタイル。

そういった格好の人は少なからずいるので、そんなに浮いた格好というわけでもありません。

なんか写真ガチ勢みたいな感じで良くないですか?(笑)

仕事終わりに撮影に来ちゃうんだぜ?みたいな~?(死語…か?)

 

入園料ですが、夜の部の一般は1000円です。メール会員ですと100円引きの900円になります。寒いので浮いた100円でホットコーヒーでも飲みましょう。自販機のコーヒーは140円からなので赤字ですけど。

 

オレンジの太文字がイルミネーションマップで表現されているスポット名で、括弧付きの名前はGWの藤の時期に使われているスポット名になります。括弧付きで表現されていない場所はGWと同名称か、イルミネーション時期のオリジナルスポットになります。

 

さて、東門から入園したので、真っ先に見えるのがこちらの虹。

レインボーマジック

そもそもピントが合っていないのも問題ですが、LED化されてから撮影が難しくなった気がします。色が出ないんですよね…。出そうとしたらアンダー目に。

f:id:watnainai:20201029233205j:plain

 

うす紅の棚にあるタワー3連発。

f:id:watnainai:20201029233606j:plain

f:id:watnainai:20201029233610j:plain

f:id:watnainai:20201029233612j:plain

 

奇蹟の大藤(大藤)

f:id:watnainai:20201029233811j:plain

f:id:watnainai:20201029233727j:plain

 

オリジナルショップ1の近く。

f:id:watnainai:20201029233902j:plain

 

…。

ここで撮影しているアベックが居なくて良かった…。

f:id:watnainai:20201029233949j:plain

 

うす紅橋近くのタワー。

f:id:watnainai:20201029234118j:plain

 

きばな藤のトンネル

この1枚撮るのに10分かかったのもいい思い出。

人が捌けるまで、ひたすらボーっとしているだけの簡単なお仕事!

f:id:watnainai:20201029234211j:plain

 

光のふじのはな物語(大長藤)。(例の池)

f:id:watnainai:20201029234806j:plain

 

 

西ゲートの売店はやっていません。むしろ、西ゲートがオープンしていません。

f:id:watnainai:20201029234934j:plain

 

日本の四季「こころの故郷」の隣にある花占い(藤のドーム)。

女子高生がキャッキャしながら遊んでいました。

f:id:watnainai:20201029235219j:plain

 

日本の四季「こころの故郷」(とちぎ茶屋)がこちら。

複数カット撮って、比較明合成でもしようかと思ったけど面倒だったので1枚撮り。

f:id:watnainai:20201029235350j:plain

 

フラワーキャッスル(お休みひろば)。

f:id:watnainai:20201029235440j:plain

 

角度を変えた、もう1枚。若干白飛びしてた…

オジサンが写っていますが、早く捌けてくれないかなと思いながら撮りました。

他の方が結構な人数で登ってきそうだったので、妥協の1枚。

f:id:watnainai:20201029235838j:plain

 

フラワーキャッスルの隣にある、アベックがキャッキャウフフしながら撮るであろう撮影スポット。

f:id:watnainai:20201030000207j:plain

 

スターライトマジック(白藤の滝)を遠くから撮影。

近くまで行くのが面倒だったし、近くまで行ってもレンズの都合もあったので…。

f:id:watnainai:20201030000354j:plain

 

イルミネーション時期は特に名称がないですが、GW時期ですとむらさき藤棚と言われている場所です。

普通に撮ってもつまらなそうだったので、玉ボケを楽しみました。

f:id:watnainai:20201030001317j:plain

 

他にはワープしているかのような感じで撮ってみようとトライしましたが、「コレジャナイ」感が強い1枚となりました。

f:id:watnainai:20201030001451j:plain

 

八重の大藤(八重藤)から奇蹟の大藤(大藤)方面を撮影。

f:id:watnainai:20201030001658j:plain

 

白藤のトンネル

f:id:watnainai:20201030001840j:plain

 

一人で撮るのが非常にきつかった1枚。

おっさんが一人で頑張っている姿を想像してみてください。中々滑稽です。

あと、なんかイマイチ。

f:id:watnainai:20201030002025j:plain

 

うす紅橋

f:id:watnainai:20201030002124j:plain

 

ここは色々愚痴りたいこともあるけど、割愛(・∀・)

 

適当に撮影した光のバラ園(ローズガーデン)

f:id:watnainai:20201030002751j:plain

 

今回の撮影はD750とVoigtlander NOKTON 58mm F1.4 SL II N の組み合わせのみです。

MFレンズ!手振れ補正無し!三脚頼りと気合と根性の手持ち撮影!

焦点距離58mmとなると、さすがに画角の狭さを感じました。

単焦点一本を選ぶならば35mmが丁度いいかな。

 

ちょっと試してみたいこともあるので、次回は24-120mmのズームレンズで訪れてみようかと思っています。次回があるのか分かりませんが(笑)

【車】XVで車中泊をするために、初回からバージョンアップさせた

昨年、初めて車中泊をした。

その時に二段積みクッションの安定性の改善を今後の課題としていた。

 

 

 

その時の二段積みは何度見ても酷いものだと思う。

f:id:watnainai:20201025225819j:plain

f:id:watnainai:20201025225822j:plain

 

あれから早1年半。

私はこの改善点を一度も忘れることをなく、この段差を眺めながら日々対策案を考えていた。

f:id:watnainai:20201025232724j:plain

f:id:watnainai:20201025232743j:plain

 

100円ショップに行ったときなどは、クッションに代わるものがないかを軽く見て回った。

そのおかげで、pokemon goで使っているこちらが改善された。

 

ダイソーで売られているステンレスピンチで挟むと、オートでポケモンが捕まるようになった。

この改善は大きい!

f:id:watnainai:20201025234357j:plain

 

若干話が逸れてアフィリエイト臭が強くなってしまった。

話を戻すと、結局車中泊の対策は近所のカインズホームで解決した。

こちらの商品。

汚れが付きにくい折り畳めるミニクッション メッシュネイビー(45×90 メッシュネイビー): 家具・インテリアホームセンター通販のカインズ

 

f:id:watnainai:20201025234510j:plain

 

中々丈夫なクッションである。

実際にこのクッションに座ったことはない。

折りたたんで叩いてみた感じは固い。

 

セッティングしたらこんな感じとなる。

f:id:watnainai:20201025234815j:plain

f:id:watnainai:20201025234817j:plain

 

若干頭が高くなってしまったが、安定性を改善するという点は達成された。

 

このセッティングでのデビュー戦は10/3-4のSuper GT富士スピードウェイ戦となった。

実際に寝てみた感想

①安定性は最高!

②サーマレストのマットを敷いて寝袋で寝たら、頭が高くなってしまったせいで傾斜が若干きつくなり滑ったwww

 

今後の改善点としては、滑ってしまう傾斜を何とかしたいかなと思っています。

思っているけど、急ぐほどでもないかと。

それ以上に今は欲しいものがある。

久々に私の裁縫技術が披露されるかもしれない。

ミシンなんてものは持ってないから、手縫いで返し縫だ!