カメラと酒、時々クルマ

NikonのD750とD500を使って写真を撮って遊んでいます。最近は自宅周辺(300km圏内)をウロウロしています。

【一眼レフ】こんな御時世だけど、河津桜を撮りに行ってきた

こんな御時世ですが。

 

…なんだろう。

会社のメールで一発目に書き上げる「お世話になっております。」に近い定型句を感じる。

 

毎度おなじみの構図

f:id:watnainai:20210223211607j:plain

 

2017年から毎年行っている河津ですが、今年も行ってきました。

2/20に行くと決めたのは2020年11月でした(笑)

その時は特に何も考えていませんでしたが、2/8に一泊へと昇華しました。

 

20日の行動予定は次のように考えていた。

8時出発

12時河津着

16時旅館着

 

そして、実際は…

8時半出発(8時起床)

14時河津着(撮影データより)

16時15分旅館着

 

まぁ、こんな感じでしょうか。とりあえずぼかしとけの精神。

f:id:watnainai:20210223211821j:plain

 

まぁ、こんなもんかなというよりも、出発の遅れに対して到着の遅れが乖離した。

この原因は分かっている。ポケモンイベントのせいだ。

足柄SAでポケモンイベントに少しだけ参加したので、そこで時間をとられてしまった。

運転中でもオートでポケモン捕まるようにしていますが、レイドだけは流石に無理なので。

道中は東名道の左右ルートの工事渋滞以外、特に目立った渋滞もなかった。

伊豆縦貫道も空いていた。

 

それにしても天気が良かった。暑かったくらいだ。アウターのチョイスをミスったというか、持っていこうと思っていたアウターを忘れた。車の中にはダウンが二着と初冬に着るようなコートが一着だった。

f:id:watnainai:20210223212216j:plain

 

それでもNDフィルタを使うことなく、絞り解放F2.8での撮影ができたのは良かった。

f:id:watnainai:20210223212358j:plain

 

と、ここまではD750と24-70/2.8の組み合わせ。

ここからはメジロ撮影用に持っていったD500と80-400mmレンズの組み合わせ。

メジロ飛んでなくて泣きそうだった。

青空バックの1枚。

f:id:watnainai:20210223212706j:plain

 

川バックの1枚。玉ボケは水面です。

f:id:watnainai:20210223212816j:plain

 

某新聞社では望遠レンズの圧縮効果を使った人での多さを捏造しているような記事がありました。

それと似たような写真を撮ってみようと思いましたが、通行人の顔がモロに判断できてしまうのでやめておきました。実際、そんなに人は多くなかったです。

f:id:watnainai:20210223213017j:plain

 

托鉢もマスク。

f:id:watnainai:20210223213054j:plain

 

ん~、そこまでの圧縮感はない。

f:id:watnainai:20210223213457j:plain

 

川沿いをウロウロしていたら、橋に人だかりができているのを見かけた。

そして、全員が線路の方を向いている。

撮り鉄だ。

動いている撮り鉄を始めて見た。

何時に電車が通るのかは知らなかった。

人だかりにいる私に声をかけてきた人もいたけれど、「何時に通るのかは私も知らない」と答えた。

通るであろう電車は何となくわかっていた。

この記事を読んでいたからだ。


撮り慣れてないから、何か失敗した気がする。

f:id:watnainai:20210223220011j:plain

 

こちらはまぁまぁ良く撮れたのではないだろうか。

撮り鉄専門からしたら、まだまだなのかもしれないが。

持ってて良かった、望遠レンズ。

f:id:watnainai:20210223220213j:plain

 

運よく新型も通り。

f:id:watnainai:20210224002827j:plain

 

そんなこんなで15時半過ぎに桜撮影は終わり。

16時のチェックインに間に合わなくなりますから。

実際、15分過ぎましたし…。

 

宿はこちら。


15000円位の宿を探していましたけど、少しだけ奮発した感じ。

お部屋はこんな感じ。十畳の和室。

f:id:watnainai:20210223220632j:plain

f:id:watnainai:20210223220637j:plain

 

ポケストップが届くので、イベントを適当にプレイ。

ミュウツーレイドはリモートで知人を呼んで…。

缶ビール2本はついて速攻で飲みました。麦茶感覚です。

f:id:watnainai:20210223222238j:plain

 

晩飯です。

f:id:watnainai:20210223222642j:plain

 

メニュー表。

f:id:watnainai:20210223223755j:plain

 

キンメダイの煮つけは美味しかった。しし唐は嫌いだから残した。しし唐じゃなくてオクラでした。どちらにしても好きじゃないですけど。

f:id:watnainai:20210223223959j:plain

 

アワビも美味しかった。

f:id:watnainai:20210223224032j:plain

 

だから、私は日本酒を頼んだ。

f:id:watnainai:20210223224140j:plain

f:id:watnainai:20210223224218j:plain

 

喜久酔の純米酒が美味しかった。今度買ってこよう。

日本酒の前に生中を1杯頼んでます。

食後に缶ビール1本とチューハイ1本飲みました(笑)

結構な量飲みました。

 

さて、今回宿泊した理由が滝活!

河津七滝に久しぶりに行きたかったので…。

 

こちらは出会い滝。水の透明感が凄かったけど、長秒露光だとその凄さを伝えられないので、実際に見てきてください(笑)

f:id:watnainai:20210223225547j:plain

 

こちらはお遊び。

f:id:watnainai:20210223225650j:plain

 

こちらがカニ

f:id:watnainai:20210223225759j:plain

f:id:watnainai:20210223230228j:plain

 

こちらが初景滝。

f:id:watnainai:20210223230256j:plain

f:id:watnainai:20210223230307j:plain

 

こちらは蛇

f:id:watnainai:20210223231107j:plain

 

こちらがエビ滝。

f:id:watnainai:20210223231609j:plain

 

エビ滝のところのつり橋の先でがけ崩れがあって、通行不可になっていたのが印象に残っています。

2016年12月に撮影していた、こちらの角度からが見られません。

f:id:watnainai:20210223232108j:plain

 

その他にはこちらの橋もなくなっていました。

f:id:watnainai:20210223232442j:plain

 

2016年12月はあったんです!ウォーターマーク入れてないけど、私が当時訪れて撮影。

f:id:watnainai:20210223232520j:plain

 

最後に釜滝。うっすらと虹も出ています。

f:id:watnainai:20210223232649j:plain

 

ここまで撮って、今回まとめて、気が付きました。

大滝撮ってない!

2016年に訪れたときも撮ってない!

これはもう一度行かねば…。

 

14時頃には撤収して帰路に着きました。

帰りに函南か長泉のさわやかに寄ろうかと思っていましたが、疲労も有り60分オーバーの待ち時間が馬鹿らしくなったので今回は諦めました。

つーか、一斉に右向け右の状態で日本人って並ぶの好きですよね。

こちらで食べた桜エビの釜めしも美味しかったぞ。炊き上がるまでに時間かかったけど…。

いちごプラザ公式サイト | 伊豆中央道のオアシスドライブイン

 

昨年に負けないようなメジロ河津桜の一枚が撮りたかった今年でしたが、そもそもメジロが飛んでなくて勝負の土俵にすら立てずに終わりました。

来年こそは!

【一眼レフ】ウメジローを撮りたくて、2021。(2021年1回目のAFP)

ぼちぼち梅も咲き始めてきたし、今年もウメジローが撮りたいな~と思ってAFPに向かったのが2/14。

バレンタイン?

スーパーでタケノコの里とポッキーが安かったから、大量に買い込んできました!

ポテトチップスも安かったかr(ry

カップラーメンは棚に収まり切りません!

 

で、ウメジローが撮りたかったので向かったのが、私の庭。

AFPに行ってきた!って記事をこんなに書いてるブログは他にはないと思われます。

まぁ、暇だったんですよ。

この時期はイルミネーションも終わってしまって、AFPも暇なんですよ。

入園料500円が正規料金ですが、メール会員は無料で入れます。

減るものでもないし、メール会員にはなっておいた方がいいです!

f:id:watnainai:20210215231253p:plain

メール会員は下記から。

新規登録 | メール会員 | お得な会員登録 | あしかがフラワーパーク

 

メジロー?

梅は咲いてましたよ。

f:id:watnainai:20210215234437j:plain

f:id:watnainai:20210215234554j:plain

f:id:watnainai:20210215234611j:plain

この梅の品種はなんだろう。

寒紅梅が咲いてますと公式では言っているけど、そこまで紅くなかった。

 

ロウバイ

f:id:watnainai:20210215234738j:plain

f:id:watnainai:20210215234740j:plain

 

フラワーステージ。

f:id:watnainai:20210215234809j:plain

 

メジロが居なくて泣きながら鴨を撮ってた…。

f:id:watnainai:20210215234850j:plain

 

イルミネーションの跡片付け。

f:id:watnainai:20210215235002j:plain

 

冬咲き牡丹とチューリップ。そして、その他。

f:id:watnainai:20210215235126j:plain

f:id:watnainai:20210215235128j:plain

 

あぁ、これは知ってますよ。キャベツでしょ?

f:id:watnainai:20210215235203j:plain

 

鴨以外の鳥が撮れなかったら、本当に悲しかったので、粘りました。

二時間粘りました!

みんなが梅を見て通り過ぎていく中、山の斜面を見ながら鳥の鳴き声を聞き、地面の落ち葉の不自然な音をずーっと聞いていました。

変質者の域だと私でも思います。

 

何とか撮れて本当に良かった!

ヤマガラ

f:id:watnainai:20210215235438j:plain

f:id:watnainai:20210215235441j:plain

ヤマガラは昨年も撮ってました。

 

こっちはお初のシジュウカラ

f:id:watnainai:20210215235557j:plain

f:id:watnainai:20210215235631j:plain

 

水浴びをするシジュウカラ

f:id:watnainai:20210215235659j:plain

 

枯れ木にシジュウカラは割と迷彩。見失うと探すのが大変。

f:id:watnainai:20210215235738j:plain

 

月内は無料券が使えるので、次回は2/28にでも再度行ってこようと思ってます。

天気が良ければいいんですが…。

去年は2/23に撮影出来ているので、時期としては問題なさそう?

 

watnainai.hatenablog.com

 

【お酒】日本酒をしこたま買ってきた

2/12(金) 仕事が休みだった。

2/11の建国記念の日が出勤日だけど、金曜日が休みになって三連休にする我が職場。

午前中に花粉症対策の薬を90日分貰い、午後から酒を買いに行く旅にでる。

 

まず向かった酒屋が結城市

佐野からは片道30kmちょい、時間にして40分の距離。

コンビニ感覚で行ける酒屋。

二軒目は結城市で購入した酒を自宅に置いたの後に出かけて行った壬生市の酒屋。

こちらは50分くらい。ちょっと遠い。

帰りは高速で帰ってきた。

購入してきたお酒は四合瓶で6本。

f:id:watnainai:20210212215721j:plain

 

今回購入した日本酒が南側から紹介していきましょう。

 

風の森 秋津穂657 純米奈良酒 生酒

f:id:watnainai:20210212220230j:plain

f:id:watnainai:20210212220405j:plain

 

 

今回の投稿を書いているときに思いっきり飲んでいるお酒ですが、フレッシュな感じが堪りませんね。

お値段1050円とリーズナブル!そして、美味い!

 

醸し人九平次 純米大吟醸 山田錦50% EAU DU DÉSIR

f:id:watnainai:20210212230440j:plain

f:id:watnainai:20210212230445j:plain

 

山田錦の精米50%ではTOPレベルに美味しいと個人的に思っています。

久々に飲みたかったので購入してきました。

 

姿 夢ささら 純米吟醸 無濾過生原酒

f:id:watnainai:20210212234340j:plain

f:id:watnainai:20210212234344j:plain

 

姿自体は普段から飲む機会は多いですが、夢ささらで作られた姿のお酒って飲んだことないかもって感じで購入。四季桜の夢ささらは飲んだことありますが、すっきりした味わいでした。こちらも似たような感じだろうかという想いがあります。

 

楽器正宗 本醸造 中取り

f:id:watnainai:20210212234942j:plain

f:id:watnainai:20210212234944j:plain

 

とあるSNSの某日本酒系グループで話題になっていたので買ってみた一本。

飲んだことがないので、ちょっと楽しみです。

 

一白水成 sunday back nine

f:id:watnainai:20210212235335j:plain

f:id:watnainai:20210212235439j:plain

 

ラベルのど真ん中にグリーンの絵が描かれていて何だろうと思いつつ、今回購入した一白水成の素性を調べてみました。

f:id:watnainai:20210212235833p:plain

出典:一白水成 Sunday Back Nine 720ml|日本酒,秋田)一白水成|地酒専門創り酒屋 かがた屋酒店

 

…なるほど。良く分からん。

そもそもゴルフやりませんし…。

とりあえず、次に出るのは4月ってことだろうかってことだけは理解しました。

一白水成を飲むのも久々すぎて。

お値段1400円でお買い得!

 

そして、最後となる6本目。これが欲しくて一軒目に行ったんですけど。

田酒 純米吟醸 山田錦 火入れ

f:id:watnainai:20210213000303j:plain

f:id:watnainai:20210213000414j:plain

 

田酒を醸す西田酒造の新たな取り組みで作られたお酒らしいですが、どんな味がするのか楽しみです。

ネット購入だとぼったくり価格かもしれませんが、 こちらは2500円で購入。

安い!

 

って感じで購入してきたら、自宅の冷蔵庫がパンパンになりました。

酒以外冷蔵されていない!

【日本酒】我が家に十四代が送られてきた

「送られてきた」という受け身な表現ですが、「送ってもらった」が正解です。

酒屋の十四代購入権が当たる抽選に勝った模様。

2週間の取り置きか、配達かという二択。

少しだけ迷って配達をチョイス。

なんて便利なのでしょう。

テレワーク。

f:id:watnainai:20210208004609j:plain

 

送れらて来た十四代はこちら。

十四代 純米吟醸 播州山田錦 角新 本生 

全景です。

f:id:watnainai:20210208004720j:plain

 

お米は山田錦。王道中の王道米。

f:id:watnainai:20210208004818j:plain

 

純米吟醸には初となるであろう、角新。

f:id:watnainai:20210208004921j:plain

 

スマホ十四代フォルダを見返しても角新が付いた山田錦の純吟はありませんでした。

飲食関係者も初じゃないかと言っていました。

 

背面のラベル。

f:id:watnainai:20210208005202j:plain

 

いつ飲もう。

生酒だし開栓後は3日で飲み切りたい。

月内は厳しそうだ。

3月に余りに余っている有給を使って連休を作ってそこで飲み切ってしまおうか。

 

因みにこちらの十四代にかかった費用は以下のようになっています。

酒代:3,900円

送料:660円

箱代:173円

クール便:200円

代引き:300円

合計:5,756円

酒代は3,900円と非常にお求めやすい価格です。

 

前回購入した十四代は知人にプレゼントしたので、私は飲んでません!

 

 

今、特に思っていることは「どこのメーカーでもいいから、一升瓶を立てて6本保存できる中板の耐荷重を備えた冷蔵庫」を作ってもらいたいと思っています。

独身用の冷蔵庫に保存する場合は中板を全部抜かないと立てて保存できないので、冷蔵庫としての機能が失われてしまいます。

せめて、一枚だけでも残るような冷蔵庫を作ってもらいたい。

現在市販されている冷蔵庫から30cmほど全高を上げるだけで作れるはずだと思う。

【一眼レフ】(追走編)D1GP 2020 TSUKUBA DRIFTの第8戦を観戦してきた

木曜日に追走編の更新をすると言ったな。

あれは嘘だ!

なんか疲れていて、それどころではなかった。

実際、金曜日は頭痛が酷くて、午後休を取得したくらいだ。

年齢とともに、体が弱くなってきている気がする週末の昼下がり。

13時から6時間ほど寝たら良くなったので、コロナではありません。

昔、台所で意識を失ったことがあるので、独身は危険。

 

さて、追走編です。

 追走第一試合。

いきなり、川畑選手のマシンが停止する。

f:id:watnainai:20210207001338j:plain

f:id:watnainai:20210207001431j:plain

 

TOYO TIRES対決

f:id:watnainai:20210207001917j:plain

f:id:watnainai:20210207001918j:plain

f:id:watnainai:20210207001921j:plain

制したのは松山選手。

 

末永直登選手 vs 横井選手

f:id:watnainai:20210207004031j:plain

 

松井選手 vs 末永正雄選手

f:id:watnainai:20210207004523j:plain

 

この戦いの後に行われたD-MAX対決。

横井選手 vs 末永正雄選手

f:id:watnainai:20210207004807j:plain

f:id:watnainai:20210207004809j:plain

 

上野選手 vs 中村選手

f:id:watnainai:20210207005217j:plain

 

日比野選手 vs 蕎麦切選手

f:id:watnainai:20210207005420j:plain

 

田中選手

f:id:watnainai:20210207005657j:plain

f:id:watnainai:20210207005658j:plain

f:id:watnainai:20210207005700j:plain

リアフェンダーもげてた。

 

齋藤選手 vs 田中選手

f:id:watnainai:20210207010435j:plain

 

蕎麦切選手 vs 中村選手

f:id:watnainai:20210207011911j:plain

 

齋藤選手 vs 中村選手

f:id:watnainai:20210207012134j:plain

何か右側に違和感が…と思ったら…。

 

f:id:watnainai:20210207012216j:plain

ドアの外張りが剥がれてました!フェンス邪魔…。

 

中々な有様でした。

f:id:watnainai:20210207012439j:plain

 

齋藤選手もこの表情。

f:id:watnainai:20210207012551j:plain

 

へらへらしながら謝っている様子を見てなんだかな~と思いました。

f:id:watnainai:20210207012815j:plain

 

Rd.8 追走の決勝戦は小橋選手 vs 中村選手

f:id:watnainai:20210207012900j:plain

f:id:watnainai:20210207012902j:plain

 

ビッタビタの接近戦で稀に見る名勝負でした。

 

そして、表彰式。

年間総合チャンピオンは小橋選手。おめでとうございます!

f:id:watnainai:20210207013319j:plain

 

二位は横井選手。単走総合チャンピオンも獲得!

f:id:watnainai:20210207013356j:plain

 

三位は藤野選手。

f:id:watnainai:20210207013519j:plain

 

コロナ禍で無観客で始まったD1GP 2020シーズンでしたが、8月のエビス・11月のエビス・1月のツクバ2戦と4戦も観戦することができました。

 

 

f:id:watnainai:20210207014845j:plain

 

2021シーズンも楽しみです。

6月のツクバと8月のエビスの観戦計画です。

【一眼レフ】(単走編)D1GP 2020 TSUKUBA DRIFTの第8戦を観戦してきた

土曜日のRd.7に引き続き、Rd.8です。

日曜日は土曜日に比べ30分早く起床し、30分早く出発。

現地着は10時ジャスト。

単走開始まで60分余り。

暇でした。

 

というわけで、今回はRd.8の単走編です。

土曜日にそれなりに撮れ高はあったので、日曜日は遊んでました。

前回は全車両を載せたわけではありませんが…。

f:id:watnainai:20210202220844j:plain

それでは行ってみましょう!

 

#70 横井昌志選手(S15)

f:id:watnainai:20210202220959j:plain

 

#87 齋藤太吾選手(A90)

f:id:watnainai:20210202221040j:plain

f:id:watnainai:20210202221043j:plain

f:id:watnainai:20210202221046j:plain

似たようなのが三枚…。

 

#91 村上満選手(A90)

f:id:watnainai:20210202221256j:plain

 

#9 末永直登選手(S15)

f:id:watnainai:20210202221809j:plain

 

#99 中村直樹選手(S15)

f:id:watnainai:20210202221856j:plain

 

#33 笹山栄久選手(JZX100)

f:id:watnainai:20210202222133j:plain

 

#77 松山北斗選手(A90)

f:id:watnainai:20210202223007j:plain

 

撮影時のシャッター速度は1/80~1/40秒くらいですね。

 

f:id:watnainai:20210202222234j:plain

 

普段は余りやらない斜め撮り。

#7 松井有紀夫選手(FD3S

f:id:watnainai:20210202223525j:plain

 

#5 内海彰乃選手(S15)

f:id:watnainai:20210202223902j:plain

 

#45 畑中真吾選手(GX100

f:id:watnainai:20210202224018j:plain

 

ピントチェックしてたら、珍しく目が疲れた。

ピント合ってないのもあると思います。むしろ、合ってる方を探す方が難しいかも…(笑)

 

最後にテールコレクション。

1/60秒くらいの設定でカメラを振って、テール側まで撮り続けていると1/20秒くらいまで遅くなりました。

殆どピントが合ってません!

こんなの載せるなんてセンスがないと思われるかもしれませんが、楽しければいいんですよ。

 

#87 齋藤太吾選手(A90)

f:id:watnainai:20210202224505j:plain

 

#91 村上満選手(A90)

f:id:watnainai:20210202224601j:plain

 

#99 中村直樹選手(S15)

f:id:watnainai:20210202225045j:plain

 

#90 川畑正人選手(A90)

f:id:watnainai:20210202225325j:plain

f:id:watnainai:20210202225328j:plain

 

#77 松山北斗選手(A90)

f:id:watnainai:20210202225416j:plain

 

#31 蕎麦切広大選手(Q60)

f:id:watnainai:20210202225500j:plain

インフィニティからの名誉賞おめでとうございます!

 

と、まぁこんな感じで普段とは違う写真をチョイスしてみましたが、いかがでしょうか。

f:id:watnainai:20210202225635j:plain

 

次回は追走編です。

木曜深夜には更新できるかな…。

【一眼レフ】D1GP 2020 TSUKUBA DRIFTの第7戦を観戦してきた

2021年最初の撮影はD1GPから。

シーズンとしては2020年度ですけど。

 

1/30の筑波。

どう考えても寒い!

ジーパンの下にヒートテックタイツを履いて、シャツの下には極暖。

ダウンはノースフェイスのバルトロライトジャケット。

手はチャムスの手袋(左手だけ)。

右手に手袋付けると、シャッター切れない時があるんですよ。

昨年の11月のFSWでシャッター切れなかったんですよ!

なので、左手だけです。

結果、対策したところは温かかった。

風が非常に強かったが、ダウンが見事に防いでくれた。

つま先が死んだ。

靴の対策まではしてなかった。

1/31はそこも対策して観戦・撮影に臨もう。

 

さて、今回のTSUKUBA戦の見所と言ったら、やはりエヴァンゲリオン仕様のGR Supraではないでしょうか。カッコ良かった!ドライバーは村上満選手。

f:id:watnainai:20210130230120j:plain

追走行けずに残念。31日のRd.8に期待。

 

私が好きな川畑正人選手。

f:id:watnainai:20210130230211j:plain

 

イケイケな齋藤太吾選手。テールを壁にヒットさせてトランクが浮き上がってました。。。

浮き上がる前。

f:id:watnainai:20210130230313j:plain

 

浮き上がった後。

f:id:watnainai:20210130230336j:plain

 

2本目はそれはそれは素晴らしい走りを見せてくれました。

f:id:watnainai:20210130230945j:plain

 

前回のエビス西コースの単走で優勝した松山北斗選手。今回は結果が出ず、単走で敗退。

f:id:watnainai:20210130231057j:plain


単走の時は特になんですが、フロント側しか撮影しないんですが、松山選手だけはリアも残ってました。

f:id:watnainai:20210130231246j:plain

 

一軸のスローシャッターは下手な私でも数打てば当たると思っていますが、二軸の動きをするドリフトで車両全体にピントを合わせてスローシャッターで撮影するのって無理じゃないですか?

1/40秒でフロント側が流れました…。

 

以上、スープラコーナーでした。

 

---------- 切取り線 ----------

 

以下、単走で気になった車両を。

43号車 田所義文選手

f:id:watnainai:20210130231742j:plain

 

78号車 上野高広選手

f:id:watnainai:20210130231815j:plain

 

18号車 日比野哲也選手

f:id:watnainai:20210130231852j:plain

 

31号車 蕎麦切広大選手

f:id:watnainai:20210130231948j:plain

 

単走優勝は99号車 中村直樹選手。

そして、追走も優勝のダブル優勝!

おめでとうございます!

初めて、一日で単走・追走のダブル優勝を見たかもしれない。

f:id:watnainai:20210130232224j:plain

 

---------- 切取り線 ----------

 

追走はダンロップアーチの近くのスタンドから撮ってましたけど、ちょっと遠くて失敗した感。

以前までは150-600mmのレンズがあったので、D500につけたら余裕でしたけど、今は売り払ったので80-400mmしか持ってないです。

フルサイズに500mm/4でもちょっと遠いかなと思います。

私の推しの川畑選手と優勝した中村選手。

f:id:watnainai:20210130232742j:plain

 

戦隊ものヒーローの爆破シーンかってレベルのモクモクさ。

52号車 北岡裕輔選手(ボディ:赤)と45号車 畑中真吾選手(ボディ白)

f:id:watnainai:20210130232847j:plain

 

66号車 藤野秀之選手と 9号車 末永直登選手。

接触により、藤野選手が突っ込みました。(突っ込んだ先のクッションのことを何て言うんだろう。)

f:id:watnainai:20210130233335j:plain

f:id:watnainai:20210130233336j:plain

この接触により、藤野選手が勝ち上がるも、次戦で走れる状況ではなくリタイアとなりました。

総合2番手につけていたのに、非常に残念でした。

 

31号車 蕎麦切広大選手と70号車 横井昌志選手

f:id:watnainai:20210130233558j:plain

 

87号車 齋藤太吾選手と日比野哲也選手。

日比野選手は土埃の中に居ます…。

f:id:watnainai:20210130233822j:plain

 

52号車 北岡裕輔選手と2号車 田中省己選手

何て綺麗なバトルなんだ…と思いながら見ていました。

f:id:watnainai:20210130234021j:plain

 

4号車 小橋正典選手と 70号車 横井昌志選手。

一本目は綺麗に最後まで走り抜けました。

f:id:watnainai:20210130234423j:plain

 

二本目!

横井選手の角度に小橋選手があってないぞ…。

f:id:watnainai:20210130234510j:plain

 

被っちゃった…。

f:id:watnainai:20210130234639j:plain

 

あ、パーツが飛んだ!

f:id:watnainai:20210130234949j:plain

 

あ~ぁ…。

f:id:watnainai:20210130235022j:plain

 

あ~ぁ…。PCで拡大すると横選手が若干怒っているようにも見えました。

f:id:watnainai:20210130235111j:plain

f:id:watnainai:20210130235112j:plain

 

この結果が横井選手が勝つも、決勝では走れる状態にはないということで、中村選手が優勝しました。

個人的にはかなり白けました。

若干後味の悪いRd.7になってしまったかなと思っています。

 

31日のRd.8の最終戦は綺麗に終われる勝負が見られますように。