カメラと酒、時々クルマ

NikonのD750とD5500を使って写真を撮って遊んでいます。へっぽこカメラマンです。

【一眼レフ】佐野市仙波町にて曼珠沙華を撮影。

 昨年に続き、今年も曼珠沙華を撮ってきました。

偶然ですが、撮影の日にちが全く一緒ですね。

 

「今年は近場の佐野市内で~」等と考えており、起床後やることやって給油して徐に調べた記事がこちらでした。

 

昨年の記事(笑)

曼珠沙華はコレでもかって位に安定して9月20日頃に咲くので、桜ほど苦労はない花ではないでしょうか。

なので、昨年の記事でも場所さえ分かってしまえば、どうにかなるものです。

気になる場所ですが、こちら。

 

佐野市でも個人的には外れの方と言う印象で、最寄りの葛生駅からの交通手段は徒歩かタクシー以外にはなく、市外の方が観光でちょっと行ってみようというには全く不向きの場所となります。

因みに自宅からでも片道約20kmくらいあります(笑)

同じ市内なのに…!!!

 

とりあえず現地について、ここかなっていう周辺を見渡してみます。

熊谷ナンバーの車の方が写真を撮っていました。

その他にも御家族が1組。

他は稲刈りをしている老夫婦1組。

肝心の曼珠沙華の咲き具合ですが、少し遅かったらしく元気がありませんでした。残念無念。また昨年訪れた権現堂公園のような群生ではなく、少し疎らといった感じです。これは仙波地区の「むらづくり推進委員会」の方がコツコツやられているようなので、仕方ないでしょう。お疲れ様です。

曼珠沙華が咲いているエリア全体を撮ったら住人の家まで写ってしまいそうだったので、久しぶりに「とりあえず、ボカしてしまえ!」の精神。

f:id:watnainai:20180924214353j:plain

 

こちらを撮っているときも人が歩いていましたが、完全に消えてしまっていますね(笑)

f:id:watnainai:20180924215108j:plain

 

曼珠沙華よりも咲き誇っていたのが、蕎麦の花。背景のボケのまぁウルサイ事…。望遠レンズ使用してF値6.3で抜いたのが間違いの元でしょう。

f:id:watnainai:20180924215239j:plain

 

曼珠沙華×蕎麦。

f:id:watnainai:20180924215838j:plain

 

キバナコスモスも咲いていたり。

f:id:watnainai:20180924215951j:plain

 

普通のコスモスも。

f:id:watnainai:20180924220023j:plain

 

これもコスモスの一種?花の名前が分かりません…。

f:id:watnainai:20180924220103j:plain

 

名前の分からない花×蕎麦×曼珠沙華×稲の欲張りセット!(ただただウルサイ)

f:id:watnainai:20180924220224j:plain

 

散々っぱら蕎麦の花を見たので、蕎麦が食べたくなるのも仕方ないですね。

という事で、こちら。

f:id:watnainai:20180924220444j:plain

 

店名が分かりませんね。

こちらです。県外からも食べに来られる方が多い、佐野市の山の奥の名店です。

 

f:id:watnainai:20180924220909p:plain

林業家高齢者センターから13km程離れています。そして、このルートはオススメされません。車1台がようやく通れる程の細くロクに整備されていない道を通る羽目になります。ジムニーなんかでしたらちょいど良いですが、3ナンバーのSUVなんかだとかなりきついと思います。

ストリートビューあるのかよ!と1人驚きながら見てましたが、今日走った限りではもう少しオフロードっぽくなってます。

f:id:watnainai:20180924221525p:plain

 

普通に調べたら次のように出てきます。

f:id:watnainai:20180924221228p:plain

 

蕎麦屋の話に戻りましょう。

まずは入口のおさらいから。

f:id:watnainai:20180924220444j:plain

 

訪れた時間は15時くらいで混雑のピークは過ぎ去っていました。

特に並ぶことなく席に通されます。と言うか、勝手に空いている席に座っておいてって感じです。

 

葉わさび蕎麦を注文します。

f:id:watnainai:20180924221800j:plain

 

( ゚Д゚)ウマー!!です。

大盛りでも良かったかなと若干後悔しましたが、腹4分で止めておきます。

デザートにデコポンシャーベットも注文してみたりします。

f:id:watnainai:20180924222236j:plain

 

蕎麦の花からお蕎麦と蕎麦尽くしの1日で大変満足でした。

曼珠沙華がおまけに成り下がってしまった感は否めません。