カメラと酒、時々クルマ

NikonのD750とD5500を使って写真を撮って遊んでいます。へっぽこカメラマンです。

【一眼レフ】三浦半島から鎌倉にかけてドライブを楽しむ

2/15(土)

天気は曇り空で今一つだったけど、三浦半島までドライブに行ってきました。

目的は運転の練習!

結果はもう少し練習が必要かなといった感じ。

目標は速度がある程度出ていても同乗者が恐怖を感じない運転。

乗せる人なんていないのに、私はどこへ向かうのか。

 

三浦半島で行きたいお店も事前に調べます。

廻転寿司 海鮮 (かいせん) - 三浦海岸/回転寿司 [食べログ]

 

で、いったお店がこちら。

鮮味楽 - 三浦半島その他/魚介料理・海鮮料理 [食べログ]

 

ナビの設定をミスって漁港に行けば何とかなると思っていましたが、行きたかった寿司屋は漁港にありませんでした。でも、引き返すのも面倒だったというか、その後の予定が崩れそうだったので諦めました。

海鮮丼はおいしい。

f:id:watnainai:20200217002418j:plain

 

城ヶ島への遊覧船もあるんですね。

今まで車でしか行ったことがなかったので、知りませんでした。

f:id:watnainai:20200217002512j:plain

 

海鮮丼で腹を満たした後は鎌倉へ向かいます。

鎌倉での目的は、傘の購入。

個人的にビニ傘が好きではないのですが、今まで愛用していた傘が折れてしまったので、代わりの傘を探していて鎌倉の店舗に行きつきました。

鎌倉小町通り 花水木

 

レディースものがメインですが、一応メンズ向けの傘もあります。

骨はグラスファイバーで作られており軽量で、骨の本数も多いのである程度の風にも対応できると期待しています。

車移動がメインなので、そんなに使う機会もありませんが…。

 

鎌倉での駐車ですが、鎌倉駅周辺のコインパーキングは高かったので、3駅離れた長谷駅のコインパーキングに駐車。

f:id:watnainai:20200217003123j:plain

 

久々に江ノ電にも乗りました。

f:id:watnainai:20200217003225j:plain

 

鶴岡八幡宮へと続く道。

f:id:watnainai:20200217003426j:plain

f:id:watnainai:20200217003428j:plain

 

そういえば、鎌倉では桜が咲いていました。

品種は何だろう。

河津桜にしては色が薄く、寒桜でもないよなと思いながら見ていました。

色的にはソメイヨシノですが、まだ咲くわけもなく。

f:id:watnainai:20200217003716j:plain

f:id:watnainai:20200217003732j:plain

 

 

帰りは鎌倉から佐野までノン休憩で100分ほどで着きました。

結構、近い!

佐野に戻ってからはいつもの居酒屋でいっぱい。

帰宅したら3時でした。

f:id:watnainai:20200217004017j:plain

f:id:watnainai:20200217004029j:plain

 

【その他】数年ぶりに時計を購入した!

雑誌を読んでいて一目惚れした腕時計。

f:id:watnainai:20200211002405j:plain

その購入から10年は経ったであろうか。

最近ちょくちょく思っていたことがある。

気軽に使えるデジタル腕時計が欲しいと。

 

このKENNETH COLEという時計のデザインに飽きたわけでもない。

むしろ飽きの来ないデザインだと思う。色は少し濃いめのブロンズ色だ。

公式サイトを見てみたが、同じデザインの時計はなかった。似たような感じのベルトの時計はあった。

Men's Watches - Leather, Gold Tone, Mesh | Kenneth Cole

購入したのは吉祥寺のロフトに入っている時計屋さんだったかな。

そこが近くで買える唯一の時計屋さんだった。

 

で、今回希望を叶えた形で購入したのがこちら。

f:id:watnainai:20200211003238j:plain

 

CASIOのPRO TREKだ。

G-SHOCKではない。

こっちのほうが文字が大きくて見やすい。

f:id:watnainai:20200211003455j:plain

 

購入したときはこのような感じで渡された。

f:id:watnainai:20200211003606j:plain

 

中身は至ってシンプルで、さらに箱と取説と保証書が同梱されている。

f:id:watnainai:20200211003654j:plain

 

もう一度箱を開けるとこのような感じである。

f:id:watnainai:20200211003731j:plain

 

似たような写真が続くが、今回購入した時計のメイン画面はやはりこちらになる。

f:id:watnainai:20200211003851j:plain

 

その他に表示される画面は方位。4時の位置辺りに3点の表示があるが、それが北を表している。

f:id:watnainai:20200211004111j:plain

 

次に表示されるのが、気圧・温度である。

f:id:watnainai:20200211004142j:plain

 

あとは高度だったかな。

f:id:watnainai:20200211004221j:plain

 

これがPRO TREKに搭載されている「Triple Sensor Ver.3」の機能であろう。

恐らく、この機能に惚れて買った人もいるかもしれない。

風防にはサファイアガラスが採用されており、一定の強度が確保されている。

冒頭に載せたKENNETH COLEの時計もサファイアガラスが採用されていたはずだが、比較的早い段階で傷がついていたので、サファイアガラスその物に期待はしていない。

 

今回、私がこの時計に惚れ込んだのがベルトである。

f:id:watnainai:20200211004625j:plain

f:id:watnainai:20200211004627j:plain

 

自動車のボンネットなんかで似たような柄を見たことがある方もいるかもしれない。

そうです。カーボンです。

カーボンファイバーインサートバンドと呼ばれているベルトであり、引っ張り強度が従来の樹脂製ベルトに比べて良くなっているとのことだった。

ほんと、これだけ。

ただこれだけのことが私の心をつかんだ。

 

酒々井のプレミアムアウトレットで!(笑)

 

自宅最寄りの佐野プレミアムアウトレットではなく、酒々井だ。

酒々井のCasio Watch Outletです。

佐野から90分ほどで行けます。

東北道~外環道~京葉道~東関東道という経由で行き、帰りは東関東道圏央道東北道というルートで帰れる。その気になれば、水戸経由の北関東道というルートも…。

佐野のCasio Watch Outletも何回か覗いていたのですが、気になるのがなかったというか家電量販店で買ったほうがポイント着くし安いじゃんという思いだった。

今回はドライブがてら酒々井まで行っていろんな店を覗いているときに、この時計と出会った。

似たような型番と1万の金額差があったりして気になっていた。

結局、説明で1回、購入で1回と2回も足を運んでしまった。

 

説明を受けた際も「ネットでポチればいいや~」という考えで一度退店したが、その後のコーヒーブレイク中にどんだけ調べても同じ時計がヒットしなかった。

それでも何とか調べ上げた時計は販売終了品だった。

ヨドバシにそう書いてあった!

f:id:watnainai:20200211010314p:plain

 

ここで私はようやく型番を知ったのだ。

PRW-S3500-1JF

型番がわかれば一気に検索の幅が広がります。

なんかアウトレットの販売価格41800円に対して高かったり、極端に安かったりしました。

f:id:watnainai:20200211010620p:plain

こうなれば、アウトレットで買うしかないですよね。

多店舗の在庫状況も調べて貰えるとのことだったので調べて貰った。

佐野で売っていれば佐野で買おうとしていました。

「申し訳ございません。こちらの商品は当店とりんくうのアウトレットのみにしか在庫がありません。」

 

りんくうのアウトレット?どこかで聞いたことがあるぞ?

りんくうプレミアム・アウトレット(関西) - PREMIUM OUTLETS®

佐野は佐野でも大阪の泉佐野市じゃないかwww

 

ということで、今回私のデジタル腕時計購入についに終止符が打たれた。

販売当時の記事があったので、興味がある方は読んでみてください。

高機能ハイエンドのバリエーションが多彩に――最新G-SHOCK & OCEANUS (3/3) - ITmedia ビジネスオンライン

 

 

その他に小銭入れも買った。

以前使っていた小銭入れを酔っぱらってなくして2年くらい経った。

いつもは小銭がケツポケットに剥き出しで入れていたのでじゃらじゃら鳴っていたのだが、今回はこちらも解決した。

薄い作りです。

f:id:watnainai:20200211011143j:plain

 

小銭はそんなに多く入らないかもしれません。しかし、私は1円玉と5円玉は基本的に持ち歩かないのでそこまで小銭が増えるということもない。写真は1円玉が映り込んでいますが。

f:id:watnainai:20200211011146j:plain

 

背面にはカードが一枚収納できます。nanacoとか入れておくと便利かもしれませんね。

今回は一葉さんに入ってもらいました。
f:id:watnainai:20200211011148j:plain

 

長財布も私好みのものがあったりと、今使っているのが駄目になってきたら同じ店で買おうかなと思っています。

こちらの財布が気になった方は下記の公式サイトでご確認ください。

wathz.com

 

久々にいい買い物ができたと思います。

本当はジーパンが欲しくて見て回っていたはずなんですけどね(笑)

 

【一眼レフ】2019年を簡単に振り返りつつ、東京オートサロン2020の反省をする

年末に書きたかった「2019年を振り返る」ですが、色々と忙しくて結局今回の更新になります。

サクサクと行きましょう。後半には東京オートサロン2020(TAS2020)の記事が控えています。

個人的に2019年の三大ニュースは以下になるかなと思っています。

  1. SUBARU XVの納車
  2. 佐野スプリングフラワーフェスティバル2019でグランプリ受賞
  3. XV納車による、初の車中泊体験

 

1.SUBARU XVの納車

購入記事はこちら。今では冒頭に否定的なコメントも書く有様。

 しかし、本ブログでは最も閲覧されている記事になっています。

 

先日の1月12日には1年点検も済ませてきました。

1年での走行距離は約16000km。会社の往復だけの使用だったら年間1440km程なので、約15000kmがプライベートでの走行。日帰りで500kmのドライブが多かった気がしています。

1年点検時には0W-30という量販店ではあまり見かけないSUBARU専用に作られたOILを入れてみました。違いがよくわかっていません。暖かくなってきたら、5W-30にしようと思っています。

 

2.佐野スプリングフラワーフェスティバル2019でグランプリ受賞

2018年は銀賞でしたが、今年はグランプリを受賞することができました。

応募点数100点にも満たない小さなフォトコンなので、グランプリ受賞を一つの目標にしていましたが、まさか受賞するとは思っていませんでした。

応募作品はこちらになります。

f:id:watnainai:20200113231159j:plain

タイトル:桜に集う、春の蛍

比喩的な表現のタイトルが審査員の脇腹をいい感じにくすぐれたのではないかと思っています(笑)

 

やっつけ仕事で出したもう一点は受賞すらできませんでした(笑)

f:id:watnainai:20200113231454j:plain

タイトル:桜越しの佐野市街(だった気がする)

やる気の無さが滲み出ていますね。

 

2020年は2連覇目指して頑張りたいところですが、副賞の景品の金額が減額されているので悩みどころです。2点応募したら、現像代や撮影地までの交通費で市内の人間といえども赤字になるくらいしょぼいです。

あと、ネタがない。

 

3.XV納車による、初の車中泊体験

XV購入の理由の一つが車中泊がしたいだったので、希望をかなえた形です。

5月と11月に富士スピードウェイ車中泊をする機会がありました。8月も計画に入っていましたが、仕事のため行けず…。

 用意した車中泊グッズの記事。

 

 

 

 

意外と閲覧してもらえています。

180cmの私にはXVは少し狭いようです。エクステリアと燃費は気に入っているので、そこまで不満というわけでもないです。

2020年のGWの富士スピードウェイには行く計画なので、もう少し改善できればいいかなと思います。

 

さて、振り返りが長くなってしまいましたが、東京オートサロン2020(TAS2020)です。

前日に12時まで飲みに行くも無事に起きられました。

最初、常連のおっちゃんとサシで飲んでいましたが、気が付けばカウンター7人が常連の知り合いの方々で埋まっているという。

無事に起きたといっても、起床したのは8:20だったかな。そこからバスと電車を乗り継いていく気でしたが、なんかメンドウになり車で幕張まで向かいました。駐車場の場所も良く分からないのに完全に勢いだけで向かいました。

幕張のイオンの駐車場に無事に止められました。料金も高そうだなと思っていましたが6時間まで無料で、それ以降は20分/100円で課金されていくシステム。意外と良心的な設定だと思います。

前置きはこれくらいで、個人的に興味を引いた個所の紹介を。

 

f:id:watnainai:20200113233005j:plain

こういう展示の場だと会場の雰囲気と合わさって良さそうに見えますが、実際に街中をこれで走れと言われたら悩んでしまうかもしれません。

ホイールが良いですね。

 

f:id:watnainai:20200113233349j:plain

この女性の手に持っているキーホルダーは貰ってきました。

 

Super GTからは3台を。

グッドスマイルレーシングのレーシングミク。

f:id:watnainai:20200113233558j:plain

 

つちやエンジニアリングのホッピー 86 MC。今期で最後となってしまう車両。

f:id:watnainai:20200113233711j:plain

 

最後にMOTULのR34 GT-R。この世代のSuper GTは良く分かりません。

f:id:watnainai:20200113233818j:plain

 

みんなも見に行こうよ、Super GT

f:id:watnainai:20200113233920j:plain

 

日産車両ではこの2台は見てみたかった。

日産 GT-R50 by イタルデザイン。お値段1億2000万円ほど。

f:id:watnainai:20200113234125j:plain

 

もう一台が日産 スカイライン 400Rスプリント・コンセプト。黄緑が良いアクセントになっていると感じました。

f:id:watnainai:20200113234214j:plain

 

f:id:watnainai:20200113234403j:plain

フォルシアクラリオンのブースでは手に持っている宣伝とコンパニオンの女性をSNSのアップロードすると、クリアファイルかペンがもらえました。私は荷物にならないペンをチョイス。

 

旧車関連は3台。

f:id:watnainai:20200113234739j:plain

f:id:watnainai:20200113234759j:plain

f:id:watnainai:20200113234818j:plain

 

最近、殆ど見かけることが少なくなってきた、アメ車関連。

f:id:watnainai:20200113235038j:plain

f:id:watnainai:20200113235056j:plain

 

しかし、アメ車といえばやはりこういう車両!

f:id:watnainai:20200113235134j:plain

f:id:watnainai:20200113235138j:plain

f:id:watnainai:20200113235140j:plain

 

おフランスからはアルピーヌA110。柵が邪魔でした…。

f:id:watnainai:20200113235249j:plain

 

マクラーレンカッコいい!

f:id:watnainai:20200113235354j:plain

f:id:watnainai:20200113235431j:plain


こんな子にカタログ手に「ねぇ、買って」って言われた日にはオジサンは落ちてしまいます。お金ないけど。

f:id:watnainai:20200113235529j:plain

 

ホンダからは無限エアロを身にまとったS660。軽自動車でこのボンネットはやりすぎじゃないか?

f:id:watnainai:20200113235650j:plain

 

メルセデスからはGクラス。

f:id:watnainai:20200113235851j:plain

 

そのGクラスに似せるカスタマイズが存在するジムニー(シエラ)

f:id:watnainai:20200114000203j:plain

 

スズキといえば、この手の形ですよね!

f:id:watnainai:20200114000248j:plain

 

HILUXのまぁ大きいこと…。日本じゃこんなサイズを走らせるのは一苦労ですわ。

f:id:watnainai:20200114000359j:plain

 

今年のTASは完全にスープラの年でしたね。どこのブースでもスープラスープラスープラ

そのスープラからは塗装か照明か良く分からなかった1台。

f:id:watnainai:20200114000726j:plain

 

ダイハツからはMARVEL TANTO。

f:id:watnainai:20200114000932j:plain

 

あと、今年発売予定車両のコンセプトモデル。TMSじゃなくてTASで展示されていたおかげで注目度が低かった気がします。簡単にみられました。

f:id:watnainai:20200114001054j:plain

 

ダイハツはロッキーで盛り上がってきている気がする。

f:id:watnainai:20200114001816j:plain

 

SUBARU LEVORG STI SPORTS!カッコいい!ほしい!テールランプの形がちょっと不満だけど、欲しい!

f:id:watnainai:20200114001425j:plain

f:id:watnainai:20200114001435j:plain

 

ダンロップのブースはかわいい子が多い気がしました。

f:id:watnainai:20200114001921j:plain

f:id:watnainai:20200114001919j:plain

 

個人的には2019年に開催された東京モーターショーよりも面白いイベントだと思っています。改造車のイベントと言ってしまうと、車検の通らないような車両が展示されているイメージを持ってしまうかもしれません。実際、そういった車も展示されていますが、最近では国内カーメーカーも力を入れたイベントとなっており、ファミリー向けのキャンピングカー仕様の提案や走りを楽しむ向けのカスタマイズの提案等と、様々な形の改造車が展示されています。

今まで少し興味はあったけど、改造車のイベントだからという理由で足が向かなかった方にもおすすめできると思っています。

今回の記事では多種多様な車両を載せたと思っています。現地にいる方は3パターンかと思います。

・純粋に昔ながらの改造車を楽しむ層

・ただただひたすらコンパニオンを追いかける層

・カーメーカーの出展を楽しむ層

一度行ってみると色々な人がいるのが良く分かると思います。

 

最後に、今回のTAS2020では最悪な失敗が一点。

北ホールの存在を知らなかった!!!

西・中・東と回って、同じ会場を戻る。

完全にやらかしました。

会場MAPとか一度もみませんでしたからね。配布されているパンフレットも邪魔になるので貰うことしませんし。。。

来年は同じミスをしないように軽く下調べしてから会場に行こうと思います。

 

3年目となる2020年も自由気ままに更新していこうと思います。

飽きずにお付き合いいただけたらと思います。

それでは今年も宜しくお願いいたします。

【一眼レフ】【お酒】2019年最初で最後の筑波山に行ってきた。あと、前日に嗜んだお酒。

2016年から毎年12月の土曜日は筑波山に行くようにしていましたが、今年は天候に恵まれず28日に漸く行ってきました。

 こちらは昨年の様子。

 

 

起きたら13時で慌てて準備しました。

自宅から筑波山までは車で約2時間。

夕焼けの時間帯が16時頃からなので、それまでに着くには14時に家を出ないといけません。

カメラは2台。

D750に24-120/4とD500に150-600/5-6.3の組み合わせ。

悲しかったことが出発30分前に気づいたカメラのバッテリが3個中2個が純空だったこと。急いで充電するも2メモリの回復。長秒撮影をしないD750につけて、D500には4メモリ残っていたバッテリを装着。撮影に耐えられるか不安が残ります。

一番やってしまったのがレリーズケーブルを忘れたこと。

気づいたのが到着20分前で、もう少し早く気づいていれば筑西市の家電量販店で購入できたのに…。

 

悔やんでも仕方ないので、今あるものだけで頑張って撮影に臨みます。

f:id:watnainai:20191228235825j:plain

 

富士山は雲に隠れていて残念でしたが、良き夕焼けでした。

f:id:watnainai:20191228235912j:plain

 

月と富士山のコラボもまた良きかな。ちょっと離れていたのが残念。

f:id:watnainai:20191229001420j:plain

 

それでも無理やり一枚に。金星(?)も無理やり入れた一枚。

f:id:watnainai:20191229001630j:plain

 

18時過ぎからはスカイツリー撮影タイム。タイマー機能がいい働きをしてくれました。

f:id:watnainai:20191229001731j:plain

f:id:watnainai:20191229001729j:plain

 

最後はピントを外した一枚。

スカイツリーと東京タワーがわかります。

f:id:watnainai:20191229001909j:plain

 

あとは27日に飲んだ日本酒。

十四代 龍月

f:id:watnainai:20191229002047j:plain

 

十四代 双虹

f:id:watnainai:20191229002211j:plain

 

個人的には双虹より龍月のほうが好みでした。

 

田酒 純米大吟醸 山廃

f:id:watnainai:20191229002422j:plain

 

黒龍 しずく

f:id:watnainai:20191229002523j:plain

 

酒屋八兵衛 しぼりたて新酒

f:id:watnainai:20191229002613j:plain

 

弥山 純米吟醸 原酒

f:id:watnainai:20191229002818j:plain

 

加茂金秀 純米しぼりたて生

f:id:watnainai:20191229003009j:plain

 

八海山 純米吟醸

f:id:watnainai:20191229003150j:plain

 

あと、おつまみ。山芋の千切り。なんでこれだけ撮ったのかは謎。

f:id:watnainai:20191229003238j:plain

 

 

本当は2019年を振り返る記事を書きたかったのですが、29日から実家に寄生するので更新は年明けになります。

それではよいお年を~。

【お酒】年末年始に飲みたいお酒を静岡まで買いに行ってきた

気が付けば2019年もそろそろ終わりとなります。

私は昨日で仕事納めで本日から休暇となっています。

 

色々と写真は溜まっているのですが、いかんせんやる気が出なくてほったらかし状態。

8月のD1GP、10月のTMS、11月のFIA IDCとSGTxDTMの続き…

 

さて、今回は21日に静岡県焼津市の酒屋で買ってきたお酒の紹介となります。

10月に行って割と気に入ったのでドライブがてら今回も買いに行ってきました。

 

 

 

当日の朝は天気が悪く、カメラは持っていかないで完全にドライブ&現地のうまいものを楽しむ旅。

8:00に高速にのって、12:30頃には行ってみたかったお店に着いていたので、割とすいすい。八王子JCTの渋滞がなかったのが救い。

いったお店はこちら。

食事処かどや - 焼津/魚介料理・海鮮料理 [食べログ]

 

おいしかったですね。写真はスマホで撮影。

f:id:watnainai:20191226215458j:plain


時間が余ったので、少し観光。

大覚寺全珠院には最大級の千手観音があるとの情報により見に行ってみました。

f:id:watnainai:20191226220039j:plain

 

千手観音のサイズを語れるほど見てきた記憶がないのでよくわかりませんが、大きかったです。おそらく大きい。

 

それでも時間が余ったので、次に向かった先がこちら。

焼津市/深層水ミュージアム

入場料無料です。

小さいです!

30分もいれば満足します!

f:id:watnainai:20191226220734j:plain

 

ずっと見つめてきていました。

f:id:watnainai:20191226220830j:plain

 

ここのミュージアムには一時期話題になった、オオグソクムシがいます。

エイリアンみたいな面構えだったことが印象に残っています。

f:id:watnainai:20191226221002j:plain

 

で、今回購入してきたお酒がこちら。

トータルで13000円ほど。

f:id:watnainai:20191226221239j:plain

f:id:watnainai:20191226221304j:plain

 

この記事を書きながら、この磯自慢を飲んでいます。

こちらのカッコいい焼き物で。

f:id:watnainai:20191226221350j:plain

 

 

実家に持って帰るように喜平。

f:id:watnainai:20191226221517j:plain

 

赤と青の違いは酵母の違い。飲み比べてわかる違い!

f:id:watnainai:20191226221628j:plain

f:id:watnainai:20191226221647j:plain

 

こちらの喜平は小さい蔵ですが、酒屋の店主も絶賛していたくらい良いお酒作っています。数年前に飲んで感動したアノ味を、再度味わえるかと思うと今からワクワクしています。


あとは喜平で買ったのが新酒。

f:id:watnainai:20191226222221j:plain

 

もう一本が初亀の新酒。

f:id:watnainai:20191226223902j:plain

f:id:watnainai:20191226223905j:plain

 

こちらは帰省から戻ってきたら飲もうと思っています。

 

最後に、富士川SAから望む富士山はいいよ。

f:id:watnainai:20191226224201j:plain

 

【一眼レフ】AUTOBACS 45th Anniversary presents SUPER GT x DTM 特別交流戦の観戦に行ってきた(その1)

こんにちは。

早速ですが、11/23-24に富士スピードウェイで開催されたSuper GT x DTMの特別交流戦を観戦しに行ってきました。

DTMとはドイツツーリングカー選手権の略称で、欧州で開催されているSuper GTだと思って頂ければいいと思います。

ベース車両はSuper GTのGT500クラスはLC500、GT-RNSXと日本メーカ使用しているのに対して、DTMBMWAudiアストンマーティンの車両がベースとなっています。

この2つの大会は細かいところのルールが異なりますが、今回の開催は両運営が歩み寄り、一部は統一ルールにて走りましょうという大会。その影響で、来年以降はFR車であったNSXはFF車への変更が余儀なくされました。

細かいところはググってください。

 

大会は23-24日で開催されましたが、土曜日の朝一から観戦するには前泊は必須。

今回も22日の23時にはゲート前で開門待ちをしていました。

以前はこちら。

 

 

22日は仕事が終わって19時に帰宅した後に、シャワーを浴びて荷物(主にカメラ関係)を準備。着替えの服は予め詰め込んでおくに決まっているじゃないですか。

20時30分には出発できました。割と優秀な準備時間だったと思います。

佐野藤岡ICから高速に乗った時に違和感がありました。

それは談合坂SAで確信に変わりました。

そして、富士吉田料金所で事件は起こりました。

 

料金所のゲート開かない!!!

高速道路の入場記録なし!!!

高速に乗った時に、ETCを確認したという音声が流れなかった気がしました。

談合坂ではETCカードが認識できませんと音声が流れました。

なので、富士吉田料金所では最徐行していました。なので余裕を持って停車できたのは運が良かったかなと。ハザード焚いて、料金所のおじさんにETCカードを渡して乗り込んだICを伝えれば解決です。

 

そんなこんなで富士スピードウェイに到着したのは23時30分頃。

結構な雨量で前方の視界が悪い中、良いペースで走れたと思います。

着いた時はかなり前方の位置でした。

同じ時刻に到着したGWの時とは違いました。

f:id:watnainai:20191128230549j:plain

 

ゲートオープンが4時30分(予定)で4時00分に係りの人が寝ている人を起こして回ります。私は1時間半しか寝られませんでした。雨の音がうるさかった…。

今回の為に購入したアイマスクは使ってみましたが邪魔でしかありませんでした。

今回の為に購入した耳栓は目覚ましの音や係りの人の音声が聞こえないじゃないかと気づいて使いませんでした。

 

文字ばかりなので、写真を…。

富士スピードウェイイメージガール「クレインズ

f:id:watnainai:20191128230927j:plain

f:id:watnainai:20191128230940j:plain

 

今回の”その1”ではGT500クラスの予選からピットウォークまでの様子がメインになります。あとはイベント広場の様子。

いきなりイベント広場の車両。

こちらはBMWのタクシー。映画”TAXI”以上に早いんだろうな。

f:id:watnainai:20191128231404j:plain

 

もう一台は早いやつ(語彙力)

f:id:watnainai:20191128231705j:plain

 

アストンマーティンはなんかエロイですよね。

f:id:watnainai:20191128231737j:plain

f:id:watnainai:20191128231749j:plain

f:id:watnainai:20191128231805j:plain

 

もてぎでも飾ってたっけ?もう覚えていない。

f:id:watnainai:20191128232428j:plain

 

さて、予選が始まります。ピットビル3Fから撮影。

f:id:watnainai:20191128232835j:plain

 

まずは12号車の CALSONIC IMPUL GT-R

f:id:watnainai:20191128232934j:plain

 

普段撮影できない角度からの撮影もできて、良かった!

f:id:watnainai:20191128233010j:plain

f:id:watnainai:20191128233010j:plain

 

こちらがピットウォークでの様子。

佐崎愛理さん。 佐崎愛里(あいり〜ん) (@airi_sasaki) | Twitter

f:id:watnainai:20191128233139j:plain

 

続いてが23号車のMOTUL AUTECH GT-R

f:id:watnainai:20191128233441j:plain

 

柚浦桃さん。 YUURA MOMO (@yuuramomo) | Twitter

f:id:watnainai:20191128233444j:plain

 

DTMから参戦の33号車。Audi Sports RS 5 DTM

f:id:watnainai:20191128233822j:plain

f:id:watnainai:20191128233835j:plain

f:id:watnainai:20191128233832j:plain

 

28号車のBMC Airfilter Audi RS 5 DTM

f:id:watnainai:20191128234622j:plain

 

21号車のAudi Sports Japan RS5 DTM

f:id:watnainai:20191128234738j:plain

f:id:watnainai:20191128234743j:plain

 

16号車のMOTUL MUGEN NSX-GT。

f:id:watnainai:20191128235257j:plain

 

17号車の蒼怜奈さん。 蒼怜奈❤️あおいれいな (@the_Reinuts) | Twitter

f:id:watnainai:20191128235538j:plain

 

8号車のARTA NSX-GTと御三方。

横町ももこさん。 横町ももこ 💖 12/1(日) オフ会💖 (@momochadayo) | Twitter

結城みいさん。 結城みい (@mii_yuk1) | Twitter

綾瀬まおさん。 綾瀬まお (@ayasemaochi) | Twitter

ボディカラーがガッツリ変わっていた。

f:id:watnainai:20191129000241j:plain

 

19号車の安田七奈さん。 安田七奈💙なーちゃ🍵 (@nana_yasuda72) | Twitter

f:id:watnainai:20191129000434j:plain

 

同じく19号車の寺地みのりさん。 寺地みのり♡ (@mi_chan1125_m) | Twitter

f:id:watnainai:20191129000727j:plain

 

37号車はKeePer TOM'S LC500。

小越しほみさん。 小越しほみ(の中のひと) (@shihomi1129) | Twitter

加藤遥香さん。 加藤遥香🐻❤️はるちゃん (@katoharu3xx) | Twitter

今井みどりさん。 今井みどり❤︎みたん (@mitan0607) | Twitter

中村このみさん。 中村このみ🧸🍯このみん (@nakamura_konomi) | Twitter

岸谷知果さん。 岸谷知果 ともちん (@5md_vtomoka) | Twitter

f:id:watnainai:20191129001451j:plain

 

36号車はau TOM’S LC500。

那津あやこさん。 那津あやこ@あやや🍊🎤 (@ayako_natsu) | Twitter

羽瀬萌さん。 羽瀬萌はせめぐむBRAND撮影会予約開始❗️ (@hasemegu01231) | Twitter

近藤みやびさん。 近藤みやび (@miyabi_kondo) | Twitter

f:id:watnainai:20191129002754j:plain

左のにゃんこ大戦争の方の名前が分からなかった…。

 

24号車のリアライズコーポレーション ADVAN GT-R

小泉奈央さん。 小泉奈央 (@k_nao017) | Twitter

南武果歩さん。 南武果歩 (@kah_savu12) | Twitter

f:id:watnainai:20191129003706j:plain

NGKスパークガールズの方が分からなかった…。

 

お高い車。Z〇Z〇の元社長所有の車とか。

f:id:watnainai:20191129003902j:plain

f:id:watnainai:20191129003918j:plain

f:id:watnainai:20191129003933j:plain

f:id:watnainai:20191129003949j:plain

 

番外。

11号車のPlanex スマカメ マクラーレン720S

スーパー耐久で活躍している車両。

f:id:watnainai:20191129004335j:plain

 

99号車のAkrapovic Audi RS 5 DTM

f:id:watnainai:20191129004433j:plain

f:id:watnainai:20191129004436j:plain

f:id:watnainai:20191129004449j:plain

f:id:watnainai:20191129004440j:plain

 

00号車のBMW M4 DTM。こちらのドライバーは元F1で活躍した小林可夢偉選手。

f:id:watnainai:20191129004646j:plain

 

BMW Motorsportガールからは塚田果澄さん。 塚田 果澄*かすみん 11/30~12/1 FIA@筑波サーキット (@kasumi_tsukada) | Twitter

f:id:watnainai:20191129005033j:plain

 

予選だけでここまでのボリュームとなってしまったので、残りも載せようとしたらどうなるんだろうか…。

次回は23日のグリッドウォークから決勝戦の様子かな。

アデュー!

f:id:watnainai:20191129005205j:plain

 

【一眼レフ】あしかがフラワーパークで2019年1回目のイルミネーションを撮影(2019年9回目)

気が付けば2019年だけで9回も行っている、あしかがフラワーパーク

以前、何気なく書いたこちらの記事が8回目のフラワーパークでした。

 

 

7回目はこちら。

 

 

さて、10月に関東地方から北を襲った台風19号の影響で、フラワーパークも被害を受けてしまいました。

そのため、当初は10/26からイルミネーションが開始でしたが、復旧作業の為11/2からの開始となりました。作業に追われた園の方々お疲れ様でした。

私はGT観戦が有ったりしたので、11/9に今年初イルミとなりました。

入園は繁忙期恒例の西門からになります。

チケットを買わずにドヤ顔で入園します。年パス会員様々。

 

西門入ってすぐの、例の藤のリフレクションポイントになります。

f:id:watnainai:20191114005527j:plain

 

お気づきだろうか。

ライトアップされていないことに。

 

例年だとこのような感じ。

f:id:watnainai:20191114220653j:plain

 

こちらのライトアップは11月中旬以降から開始と書いてあったので、「何が何でも見たい!」って方は12月以降に行かれるのが確実でしょうか。

 

あとは例のお城。

f:id:watnainai:20191114224400j:plain

 

ピラミッドのイルミ。

f:id:watnainai:20191114224723j:plain

 

大藤のイルミ。

f:id:watnainai:20191114230546j:plain

 

何か昨年との違いに違和感を感じましたが、シャッター速度の違いとホワイトバランスの設定の違いくらいだった。

f:id:watnainai:20191114230903p:plain

 

取り敢えず玉ボケを作ってみたけど、中々気に入っている。目には良くない色のような気もするけど。

f:id:watnainai:20191114231020j:plain

 

うす紅橋。

f:id:watnainai:20191114231332j:plain

 

バラが咲いているエリアの木。玉ボケがウルサイ。

f:id:watnainai:20191114231456j:plain

 

白藤のトンネル。

f:id:watnainai:20191114231538j:plain

 

この噴水は去年まで無かったぞ?

f:id:watnainai:20191114231617j:plain

 

載せてない写真も有りますが、完全に台風の被害から復旧したとは言えない状況でした。毎年行っている身からしますと「あ、ここ復旧してないな~」と思う場所はちらほらと。

 

11月11日より、両毛線が全線復旧しましたので、電車でのアクセスもしやすくなりました。

あしかがフラワーパークで遊んだあとは、佐野駅前の飲み屋で楽しみ、サンルートかシティホテルオークラで一泊しましょう。

翌日は佐野厄除け大師を観光し、佐野プレミアムアウトレットで買い物し、佐野バスターミナルから出ているJRバス関東バスタ新宿行(王子駅池袋駅での下車可能)or東京駅行(王子駅での下車可能)に乗って都心に帰るプランはいかがでしょうか。

 

私が次回フラワーパークに行くのは年明けになるでしょうか。